<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ボリビア ウィルフレッド・カストロ入荷

ボリビアコーヒー生産地は南ユンガス(タケシ)北ユンガス(カラナビ、コロイコ)に分けられ
ます。
f0152158_454920.jpg

もともと ボリビアではアルティプラーノと呼ばれる、ラパス近郊の高原地帯がスペイン人
入植者によって開拓されました。そこは金、銀、すずなどの鉱山資源は豊富にありました
が、4000mに近い冷涼で過酷な環境は農業には適しませんでした。そこでアルティプラ
ーノの住民たちは、肥沃で気温も穏やかで過ごしやすいユンガス地域に「降りて」きました
先にコーヒー生産が栄えたのはタケシなど、ラパスに近い場所でしたが、よりコーヒーに適
したコロイコやカラナビに産業が移ってきました。そしてカラナビはボリビアコーヒーの首
都と呼ばれ、同国コーヒーの一大集散地となりました。
f0152158_462896.jpg

カストロ氏もこのアルティプラーノに暮らしていた1人です。コーヒー生産の為に、この地に
家族親戚で移り住んだのが15年前。家族・兄弟でこの地を耕し、2008年COEでは兄弟のペ
ドロ・カストロ氏がCOE2位の栄冠に輝いた事が今でも一族の誇りです。カストロ氏もナシ
ョナルウィナーに選出経験があり、COE亡き後もこの地で生まれた4人の子供たちと奥さん
と共に高品質なコーヒー生産を目指し、スペシャルティコーヒーの生産に従事している数少
ない生産者です。
ジューシーで、ボリビアらしいオレンジやグレープフルーツを思わせるフレーバーとチョコ
レートのような甘さを感じるクオリティの高いコーヒーだと感じます。

f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg
[PR]
by sarasa-kan | 2016-08-09 03:57 | *スペシャルティコーヒー

ケニア・ギキリマファクトリー入荷

アフリカ大陸で第2位の標高を持つケニア山を含む世界遺産ケニア山国立公園と、多く
の野生動物を見ることのできるアバーディア国立公園の間にあるのがニエリ地区。ケニ
アの中でも高品質なコーヒーが生産されることで有名な高原地帯のニエリ地区にギキリ
マ農園はあります。
f0152158_9221467.jpg

生産処理においては、生産者が持ち込んだチェリーを、ハンドピックした後にパルピン
グ、発酵、水洗、ソーキングを経て、アフリカンヘッドで7日から15日間乾燥させるこ
とによって、ニエリ地方独特の、アップルのような明るい酸味とピーチのような甘味の
あるコーヒーが生まれます。またミルでは汚水の浄化に取り組み、環境にも配慮してい
ます。
f0152158_9224984.jpg

明るくフルーティな風味特性を感じます。カップもクリーンなため、熟度の高さを際立
って感じる事ができ、チョコレートのような甘さ、乳酸のようなアシディティが高い質
で感じやすいように思います。
f0152158_9231184.jpg


f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg
[PR]
by sarasa-kan | 2016-08-08 09:24 | *スペシャルティコーヒー