カテゴリ:LIVE情報( 124 )

「助川太郎グループ Live in Sarasakan」

今月28日(日)「助川太郎グループ Live in Sarasakan」
いくら中央で活躍しているからと言って、この旭川でお客様を集めるのは、結構大変な部分もあります。
ましてや、南米のフォルクローレとなれば、おそらく、本物の音を聴いた方も少ないのではないでしょうか。
助川さんは、僕にこう話しました「自分の立ち上げたグループは、まだ知名度もありません。条件面等は全てお任せします・・」
昨年、助川さんの生ギターを聴いてる僕には断る理由はありませんでした。
とても人間的にも素晴らしい方です。
僕は、一人でも多くの方に、このグループを聴いていただきたいと思います。
南米の音楽はラテンやボサノバだけではありません。少し哀愁を帯びたフォルクローレは、きっと優しく皆様の心に響くはずです。
f0152158_15161660.jpg

Profile
助川太郎(gt)
1973年東京生まれ。2001年 米ボストン, バークリー音楽大学 ギター科卒業。
ブラジル音楽を中心に、ジャズのバックグランド、尾尻雅弘氏に師事したクラシックギターの要素、エフェクターや特殊奏法を多様したサウンドデザイン等、様々な要素が混然一体となっている演奏家である。近年では民族楽器「口琴」に深く魅せられ、口琴奏者としての活動も開始。ギター、口琴、エフェクターを併用した三位一体の演奏で、音楽シーンに全く新しい世界観を発信し続けている。
ヴォーカリストEMiKO VOiCEとのデュオで結成したブラジル音楽ユニット「メヲコラソン」では2003年より活動。現在までに5枚のアルバムを発表し、日経ホール、東京オペラシティ、ルーテル市ヶ谷などで毎年夏に開催される「なま音ホールコンサート」は毎回ソールドアウトの人気企画として2014年現在、継続中である。
2013年、ソロギタリストとしての活動をスタート。ギター1本の完全独奏によるアルバム "This is guitarist" を発表し、 diskunionジャズチャートで初登場一位を獲得。「レコード芸術」「現代ギター」「ラティーナ」「CDジャーナル」などの音楽誌 やサウーヂサウダージ(J-WAVE)くにまるジャパン(文化放送)などのラジオ番組など 各種メディアに取り上げられ反響を呼ぶ。
現在はソロギターでの全国ツアーの他、ジャズ、クラシック、ブラジル音楽、タンゴ、民族音楽、芝居の舞台音楽など幅広いフィールドで演奏活動を展開中である。

阿部 篤志(p・Voice)
音楽理論・演奏を独学で習得。大学在学中からプロ活動を開始する。
現在関東を中心に各地でLive活動中。Jazzにとどまらず、あらゆるジャンルの音楽にその活動の場を拡げている。最近では日本フィルハーモニー交響楽団をはじめとするオーケストラとの共演、様々なポップス歌手への楽曲アレンジ・レコーディング参加、『題名のない音楽会』『24時間TV』、また『ザ・ワイド』のコメンテーターとしてテレビ出演するなど、その活動は多岐にわたる。
自らのJazzトリオでも、日本を含めた世界中のあらゆるリズムを取り入れた斬新な切り口で、ジャズの新たな可能性を模索している。

山下Topo洋平(ケーナ&サンポーニャ)
学習院大学哲学科在学中よりプロ活動を開始。
ケーナとサンポーニャの故郷南米ボリビアに渡り、世界的マエストロ、エルネスト・カブールやボリビア最高峰のサンポーニャ奏者フェルナンド・ヒメネス、国民的女性歌手ギセラ・サンタクルス他、現地の音楽家とコンサート、レコーディングで共演、南米フォルクローレの真髄に触れる。
日本においても多数のミュージシャンと共演し、CDレコーディング、映画音楽など音楽製作へも数多く参加している。ライブ活動にも精力的で、全国ツアーやホールコンサート、ライブハウスでの演奏を中心にその数は年間100本を越える。
南米と日本での様々な音楽家との共演によりケーナとサンポーニャの民族楽器を超えた魅力を見出し、「Tierra Cuatro(ティエラ・クアトロ)」「とぽけろっちぇ」など複数のユニットを結成。これまで5枚のリーダーアルバムを発表。  
その音色と現代的アプローチは「単なる民族音楽という枠を超えた普遍的な魅力に満ちている」(CDジャーナル・レビューより抜粋)と評されている。  
「音楽でハッピネスを共有すること」を信条としている。 
[PR]
by sarasa-kan | 2018-01-03 15:18 | LIVE情報

■森村献Latin Jazz Session Jazz Con Clave

さあ、来年2月のこのライブは見逃せませんよ!!
寒い季節、雪を溶かすような熱いライブになる予感がします。
素晴らしいメンバーです。
ご予約はお早めにSold Out間違いなしです。

■森村献Latin Jazz Session Jazz Con Clave
f0152158_343451.jpg

【森村 献】
1954年5月22日 東京出身
 74年かまやつひろしバンドのキーボード奏者としてプロ活動を始め、79年オルケスタ・デル・ソルに参加。ポピュラー音楽に携わりつつラテン音楽に傾倒を深める。特に88年からは毎年のようにキューバを訪れ、現地の一流ミュージシャンとの交流の経験を生かし日本の音楽界に新風を吹き込む。この頃結成されたオルケスタ・デ・ラ・ルスやチカ・ブーンの有力なアドバイザーでもあり、日本のラテン音楽界にはなくてはならない存在となる。
 90年元カシオペアの神保彰、櫻井哲夫によって結成されたフュージョン・グループJIMSAKUに主要メンバーとして参加し、演奏および編曲を担当(アルバム5枚)。91年女性サルサ/ポップグループ、チカ・ブーンのデビュー・アルバム「チカ・ブーン」をプロデュース。
 93年ソロ・アルバム「フットボール・スクィーズ Vol.1 エスペランサ」をソニーより発表。93~99年オルケスタ・デル・ソルのアルバム6枚(ビクター他)のほぼ全曲を編曲。作曲も多数。98年から熱帯JAZZ楽団に参加し数々の作編曲も担当。
 99年に日本のサルサミュージシャンのオールスターズESTRELLAS DEL JAPONを結成し、1月にキューバ、11月に中南米4ヶ国をツアーし、各国で絶賛を浴びる。
 2001年にソロアルバム"HEART OF CUBA"、2002年に"SONADOR"をビクターaosis Recordsよりリリース。キューバンダンス・コンピレーションアルバム「ボバンバ!」をプロデュース、熱帯倶楽部SPIRIT OF RHYTHM(アルバム2枚)の音楽監督をつとめる。
 2003年にはビクター・エンタテインメントより4枚目のソロ・アルバム "MILAGRO" をリリース。このアルバムではブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのピアニスト、ルベン・ゴンサーレスと共演している。
 2007年にはウノ・レコーズより5枚目のソロ・アルバム "MANTECA" をリリース。
 2011年には同じくウノ・レコーズより6枚目のソロ・アルバム "respiro" をリリース。  

Member
森村献(pf) From Tokyo
山口卓也(b) From Tokyo
村川佳宏(sax・fl) From Sapporo
佐藤裕一(ds) From Sapporo
[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-19 03:45 | LIVE情報

■「中澤一起・玉川健一郎Duo」Live in Sarasakan

2018年3月18日(日)、待望の本格的男性ジャズボーカルのライブ決まりました。
■「中澤一起・玉川健一郎Duo」
中澤一起(g)
札幌市生まれ。岡本広氏、曽山良一氏らに師事し、その後札幌を中心に音楽活動をする。2005 年に渡米を決意しLos Angeles, New York に渡り、その後LosAngeles に移住する。アメリカでJinshi Ozaki 氏に師事し音楽の幅を広げ、後にOzaki 氏とのユニット『Healing Groovy』で活動しレコーディングでTribal Tech のScott Kinzey(key), Kirk Covington( dr), Gary Novak(Dr) などと競演、様々なミュージシャンとプレイをし2012 年に帰国。現在札幌を中心に音楽活動を再開し、多くのトップミュージシャンと共演。
玉川健一郎(vo)
北海道出身。ジャズシンガー。
学生時代、近藤房之助、服田洋一郎、永井隆と出会いブルース、R&Bを歌う。
2004年頃から日本を代表するバップピアニスト故・福居良との出会いをきっかけにジャズへ傾倒。
後、福居を通じ、ジャズ・レジェンド、バリー・ハリスに師事。福居の下で磨かれたジャズスピリット、トニー・ベネットを彷彿とさせる豊かな声量、バリー・ハリスとの出会いから学んだ繊細な歌心を併せ持つ、今最も期待されるジャズシンガー。
札幌Jazz Spot "Slow Boat"を拠点に、全国へその活動範囲を広げている。
2018年3月18日(日)
PM6:00 OPEN PM7:00 START
Ticket:¥2,500
ただいま、フライヤー作成中です。後日、沙羅茶館Dome Hallのイベントとして公開します。
ボーカルファンの皆様は必見ですよ。中澤くんの華麗なギターテクニックも素晴らしいです。
どうぞ楽しみにお待ち下さい。
これで、沙羅茶館Dome Hallのライブスケジュールは、来年6月まで全て埋まりました。
お問い合わせは沙羅茶館 TEL:0166-57-4405
f0152158_1532587.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-16 15:03 | LIVE情報

2018年、確定済みDome Hallのライブ・スケジュール

来年、2018年の確定済みのDome Hallのライブ・スケジュールをお知らせ致します。
まだ、ユニット名や詳細は、不確定要素もありますが、取り急ぎ決定済みのライブです。
とても旭川では聴くことのできない素晴らしいプログラムになっております。
来年は、沙羅茶館としても、一歩前進したジャズ・オンリー・ライブホールとして、ジャズファンの皆様に喜んでいただけるように努力してまいりたいと考えております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
f0152158_14435332.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-06 14:44 | LIVE情報

森村献Jazz Con Clave ラテン・ジャズ ライブ

さてさて2月24日(Sat)は、あの「熱帯ジャズ楽団」のピアニスト、森村献率いるJazz Con Claveのラテン・ジャズライブ開催します!!
厳寒の季節に熱いLatin Jazz・・この夜だけは、沙羅茶館Dome Hallの下で熱く燃えましょう!!

■2018年2月24日(土)
■PM4:00 OPEN PM5:00 START
■Ticket:¥3,500
■Member
森村献(p) From Tokyo
山口卓也(b) From Tokyo
村川佳宏(sax・fl) From Sapporo
佐藤裕一(ds) From Sapporo
お問合せ、ご予約は沙羅茶館 TEL:0166-57-4405又はFBにて
f0152158_16585443.jpg



[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-03 17:00 | LIVE情報

山木将平Live in Sarasakan SOLD OUT

山木将平Live in Sarasakan。おかげさまでSOLD OUTかけました。
ご予約いただいた皆様に感謝申し上げます。
沙羅茶館Dome Hallのキャパは小さいです。
しかし、できるだけご来場の皆様にはゆったりとした気分で音楽を楽しんでいただきたいと考えております。

また、主催する側としても、ステージのセッティングなどで、聴いてよし、見てよし、というスタンスで、素敵なライブに仕上げようとあれこれ考えてます。

反面、昨日の投稿の延長線上で申し述べると、今回の、この素晴らしいミュージッシャンのライブに興味も何も感じない、地元のアマチュアミュージッシャンの無知さも少し疑問です。

せっかくの学習の場所です。
自分がギタリストと自認するなら、いかに、自分の技量がないかということを、そこから学ぶべきです。
それもできないのは自信のなさでしょう。

旭川のジャズのレベルはとても低すぎるというのが、僕が常日頃思ってることです。
いい指導者だと思ってる方はいても、技術は全くない。勉強はしない。。
だからいい指導者など、この街には一人もいないのです。

いいライブハウスもない。

とてもジャズが育つ環境はどこにもないのです。
せいぜい仲間が集まってワイワイ楽しんでる。
それなのに、中には、何を勘違いしてるのかチケット代を要求する連中もいます。
アマチュアなら基本的にそれはないでしょう。

だから、結局のところ、最悪の音響環境のバーや蕎麦屋でやるしかないのです。

これが、悲しい旭川の現実です。
f0152158_1037241.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2017-11-30 10:38 | LIVE情報

山木将兵Liv in Sarasakan 座席増やしました

12月10日(日)の山木将兵Liv in Sarasakanですが、とても好評なので座席数を少し増やしました。
当日キャンセルも見込んでのことです。
Dome Hallのキャパは小さい。しかし、素敵なステージに仕上げたいと考えております。
興味のあるかたは、今からでもご予約くださいませ。
沙羅茶館 TEL:0166-57-4405又はメッセージにて承ります。
f0152158_5235318.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2017-11-27 05:25 | LIVE情報

助川太郎グループ Live in Sarasakan

2018年、新年最初のライブは、僕の大好きなギタリスト、助川太郎さんが、新メンバーを引き連れてDome Hallにやってきます。
メンバー、一人一人がとても素晴らしい実力者。
まさに新年を飾るのにふさわしいライブになることでしょう。
f0152158_1522396.jpg

Profile
助川太郎(gt)
1973年東京生まれ。2001年 米ボストン, バークリー音楽大学 ギター科卒業。
ブラジル音楽を中心に、ジャズのバックグランド、尾尻雅弘氏に師事したクラシックギターの要素、エフェクターや特殊奏法を多様したサウンドデザイン等、様々な要素が混然一体となっている演奏家である。近年では民族楽器「口琴」に深く魅せられ、口琴奏者としての活動も開始。ギター、口琴、エフェクターを併用した三位一体の演奏で、音楽シーンに全く新しい世界観を発信し続けている。
ヴォーカリストEMiKO VOiCEとのデュオで結成したブラジル音楽ユニット「メヲコラソン」では2003年より活動。現在までに5枚のアルバムを発表し、日経ホール、東京オペラシティ、ルーテル市ヶ谷などで毎年夏に開催される「なま音ホールコンサート」は毎回ソールドアウトの人気企画として2014年現在、継続中である。
2013年、ソロギタリストとしての活動をスタート。ギター1本の完全独奏によるアルバム "This is guitarist" を発表し、 diskunionジャズチャートで初登場一位を獲得。「レコード芸術」「現代ギター」「ラティーナ」「CDジャーナル」などの音楽誌 やサウーヂサウダージ(J-WAVE)くにまるジャパン(文化放送)などのラジオ番組など 各種メディアに取り上げられ反響を呼ぶ。
現在はソロギターでの全国ツアーの他、ジャズ、クラシック、ブラジル音楽、タンゴ、民族音楽、芝居の舞台音楽など幅広いフィールドで演奏活動を展開中である。]
阿部 篤志(p・Voice)
音楽理論・演奏を独学で習得。大学在学中からプロ活動を開始する。
現在関東を中心に各地でLive活動中。Jazzにとどまらず、あらゆるジャンルの音楽にその活動の場を拡げている。最近では日本フィルハーモニー交響楽団をはじめとするオーケストラとの共演、様々なポップス歌手への楽曲アレンジ・レコーディング参加、『題名のない音楽会』『24時間TV』、また『ザ・ワイド』のコメンテーターとしてテレビ出演するなど、その活動は多岐にわたる。
自らのJazzトリオでも、日本を含めた世界中のあらゆるリズムを取り入れた斬新な切り口で、ジャズの新たな可能性を模索している。
山下Topo洋平(ケーナ&サンポーニャ)
学習院大学哲学科在学中よりプロ活動を開始。
ケーナとサンポーニャの故郷南米ボリビアに渡り、世界的マエストロ、エルネスト・カブールやボリビア最高峰のサンポーニャ奏者フェルナンド・ヒメネス、国民的女性歌手ギセラ・サンタクルス他、現地の音楽家とコンサート、レコーディングで共演、南米フォルクローレの真髄に触れる。
日本においても多数のミュージシャンと共演し、CDレコーディング、映画音楽など音楽製作へも数多く参加している。ライブ活動にも精力的で、全国ツアーやホールコンサート、ライブハウスでの演奏を中心にその数は年間100本を越える。
南米と日本での様々な音楽家との共演によりケーナとサンポーニャの民族楽器を超えた魅力を見出し、「Tierra Cuatro(ティエラ・クアトロ)」「とぽけろっちぇ」など複数のユニットを結成。これまで5枚のリーダーアルバムを発表。  
その音色と現代的アプローチは「単なる民族音楽という枠を超えた普遍的な魅力に満ちている」(CDジャーナル・レビューより抜粋)と評されている。  
「音楽でハッピネスを共有すること」を信条としている。 


■チケットのご予約は 沙羅茶館 TEL:0166-57-4405
[PR]
by sarasa-kan | 2017-11-24 05:01 | LIVE情報

■SHOHEI YAMAKI WINTER LIVE IN SARASAKAN

もうすぐですよ〜
沙羅茶館Dome Hallの一足早いクリスマスライブです。
今回は、ステージも山木くんをお客様がぐるりと囲むセッティングにしようかな・・と考えてます。
Dome Hallでしかできないスタイルでお客様にも喜んでいただけるセットにしますよ〜〜
ぜひ多くの方に聴いていただきたいライブです。
お早めにご予約くださいませ!!
沙羅茶館 TEL:0166-57-4405又はFBメッセージで。
残席、7席になりました。
お待ちしております!!

■SHOHEI YAMAKI WINTER LIVE IN SARASAKAN
■12月10日(日)
■PM6 OPEN PM7 START
■Ticket:¥2,500(1ドリンク付)
■沙羅茶館Dome Hall
旭川市末広東1条14丁目 TEL:0166-57-4405

■山木将平
13歳からギターを弾きはじめる。北海道札幌南高等学校を卒業後、北海道教育大学岩見沢校芸術
文化コースへ進学。
2010年SAPPORO CITY JAZZ ・パークジャズコンテストにてグランプリを受賞。2011年に 1st
アルバム「NORTH WIND」をリリースし、プロデビュー。
その後、トロントジャズフェスティバル、ジャワジャズフェスティバル、ミラノ万博、サッポロシティジャズ、ライジングサンロックフェスティバル、中洲ジャズなど、国内外の音楽フェス、イベントなどへの出演多数。現在は札幌を拠点にライブ、楽曲制作を中心に活動中。

2012年に発売された『アコースティック・ギター・マガジン Vol.47』では、押尾コータローが注目する5人のギタリストの1人に選出された。

現在は札幌を拠点にライブ、楽曲制作を中心に活動中。テレビCM(ホーム企画センター等)やラジオのBGMに楽曲が多数使用されている。
f0152158_3454281.jpg




[PR]
by sarasa-kan | 2017-11-19 14:31 | LIVE情報

■Yukari Yamaguchi Trio

10月の沙羅茶館Dome HallのLiveはコレです。
Yukariさんのボーカルも素敵、紘子さんのピアノも若いのに高い技術を持ってます。

そして、当Hall、3度目の出演となる中澤くんのギターは最高です。
旭川のギターファン、そして、ミュージッシャンには是非聴いていただきたいと思ってます。

札幌で、彼がなぜブレイクしてるか、聴けばわかってもらえると思います。

■Yukari Yamaguchi Trio
■10月7日(土)
■沙羅茶館Dome Hall
■PM 6 OPEN PM7 START
■Ticket:¥2,500(1ドリンク付)
■Member
山口ゆかり(vo) 中澤一起(gt) 三上紘子(p)

お問い合わせは沙羅茶館 Tel:0166-57-4405又はFBにて
チケット好評発売中!!




[PR]
by sarasa-kan | 2017-09-27 07:41 | LIVE情報

北海道旭川市/自家焙煎珈琲店沙羅茶館


by sarasa-kan
プロフィールを見る