カテゴリ:紅茶( 9 )

ハーブプロジェクト

ハーブプロジェクトとは、マカイバリ茶園で始まった新しいプロジェクトです。
イタリア人医師、ハーブ専門家、イタリア人グループおよびマカイバリ茶園のジョイントボディが中心となって立ち上がったプロジェクトです。マカイバリ茶園に生育するハーブの効能を学び、薬をつくり、日々の生活に役立てます。


f0152158_03254730.jpg




ハーブには素晴らしい効能があるのです。副作用がないために、体に負荷がかからず病気を治すと言われています。マカイバリ茶園のラジャ・バナジー氏が肺を痛め、西洋の副作用の強い薬が効かずにイタリア人の友人からもらったハーブの薬がとても良く効いた体験がきっかけです。
プロジェクトの中心になって活躍するのはジョイントボディの女性たちです。ラジャ・バナジー氏もいつも彼女たちを高く評価しています。

f0152158_03171598.jpg



マカイバリ茶園で始まるプロジェクトは、人々の生活向上を目指すものです。ハーブは薬としてマカイバリ茶園の年寄りたちは多く利用していました。賢人の知恵です。
マカイバリ茶園の自然は宝の宝庫だと思います。その価値を一番わかっている人々だからこそできるプロジェクトです。
田中珈琲店としても、これからは、こういうプロジェクトを応援していきたいと考えております。

□本日の営業時間 AM11:00~PM7:00

[PR]
by sarasa-kan | 2018-09-01 03:24 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)

美味しいマサラチャイの作り方

インドで広く飲まれている「マサラチャイ」。茶葉をミルクと砂糖と一緒に煮込み、お好みのスパイスを加えます。マカイバリジャパンでは、マサラチャイ用のオーガニック・スパイスを作りました。スパイスはすべて粒状にしてありますので、茶葉の半分の量を加えて作るだけで、香り高いマサラチャイをご家庭で簡単に楽しめます。

f0152158_02290004.jpg
(材料)
○アッサム紅茶 CTC ティースプーン2杯
○オーガニックスパイス ティースプーン1杯
◯砂糖         ティースプーン3杯(砂糖はお好みで調整してください)
○牛乳         2カップ
○水           2/1カップ

(作り方)
1.水を鍋で沸騰させます。
2.沸騰した湯に茶葉を入れ、2分ほど煮立たせます。
3.牛乳を加え、沸騰したら弱火にし、砂糖とオーガニックスパイスを加え、沸騰させた後、弱火にし、さらに1分煮立たせればできあがり。

茶葉及びオーガニックスパイスは当店で取り扱っていますので、ぜひご家庭で美味しいチャイを作ってくださいませ。

□本日の営業時間 AM11:00~PM7:00


[PR]
by sarasa-kan | 2018-08-27 02:49 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)

インド直伝のチャイ

当店でお出ししてるチャイは、創業者田中が、インドのお茶屋さんから直接作り方を教えてもらったレシピを忠実に守ってお出ししております。

f0152158_20111878.jpg

インドのチャイは甘いのですが、当店では甘さはお客様ご自身でお決めになってくださいませ。
スパイシーでとても美味しいですよ。

□本日の営業時間 AM11:00~PM7:00


[PR]
by sarasa-kan | 2018-08-22 01:21 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)

夏摘みダージリン紅茶・クラシック好評です

f0152158_06414179.jpg


昨年の夏の時はダージリン全体のストライキが勃発し、茶園も閉鎖された状態が続きました。今年はダージリン地方に平和が訪れ、人々の顔にも笑顔が見られます。茶畑も昨年の冬の間は剪定や雑草とり、土づくり、苗木を植えたり、と人々の努力のおかげで見事に蘇りました。夏摘みセカンドフラッシュは世界的にも人気が高いですが、マカイバリ茶園は日本市場を優先的に考えて良い紅茶をつくってくれました。天候にも恵まれ、夏摘みならではのマスカットフレーバーも健在です。シルバーティップス、ヴィンテージが茶畑の特別の区画(日照条件、土の状態、茶木の質などが良い区画)でつくられている最高級茶葉であるのに対し、クラシックはそれ以外の茶畑でつくられた紅茶の中で、もっとも良い紅茶のグレードです。毎日、たくさん飲まれる方におすすめのグレードです。

f0152158_06422042.jpg

2018年のセカンドフラッシュは人々の願いと努力がたくさんに詰まった特別な紅茶です。どこの国よりも先に届いたセカンドフラッシュをぜひお試しください。

[PR]
by sarasa-kan | 2018-08-16 02:05 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)

アッサム・ハティクリ茶園

f0152158_18114662.jpg
ハティクリ茶園(Hathikuli Tea Estate)はインド・アッサム州中央にあります。茶園の広さは全体で687ヘクタールですが、茶畑は467ヘクタールです。アッサムの茶園の中で唯一ユネスコ(UNESCO)の世界遺産でもあるカジランガ国立公園(Kaziranga National Park)に隣接していることから茶園を有機農法に切り替えました。アッサム州の言葉で「Hathi」とは象、「Kuli」とはFrequent頻繁なという意味です。国立公園が隣接していることから象がしばしば訪れるというところから茶園の名前がつけられました。

f0152158_18122686.gif

周りのジャングルから集めたハーブの抽出液でつくられた独自の調合剤や虫によってつくられた肥料を使用するなど、独自の農法を実践しています。微生物が棲む土、土から育てられる植物、そして植物を食べる動物すべてがお互いに関連しあえる環境作りに力を入れています。2013年には日本農林規格有機JASも取得しました。
ハティクリ茶園は紅茶づくりだけでなく、常に健康を意識する消費者に喜んでもらえる商品開発にも積極的に取り組んでいます。
f0152158_18152002.jpg
アッサム紅茶と言えば、どちらかといえばミルクティー向けの紅茶というイメージが強いのですが、このハティクリ茶園の紅茶は、ストレートでも、とても美味しくお召し上がりいただけます。
ぜひ一度ご賞味くださいませ。


[PR]
by sarasa-kan | 2018-08-13 03:31 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)

ニルギリ・コーラクンダ(Korakundah)茶園

f0152158_12593483.jpg
南インドにあるニルギリ地方は、タミル・ナードゥ州北部、高原地帯に囲まれた南インドで最も有名な避暑地です。19世紀初め、インドを統治していたイギリス人が当時のマドラス政庁を夏の間に移転させるために築いた街です。ニルギリは現地語で青い山(ブルー・マウンテン)です。命名の通り高原地帯で美しい景色が広がっています。ダージリンと同じようにイギリス人はここに茶畑をつくりました。
f0152158_13001816.png
コーラクンダ(Korakundah)茶園はニルギリ地方では数少ないバイオダイナミック農法を実践しています。標高2800メートルに位置し、茶園の一部は「世界一標高の高い紅茶園」としてギネス認定されているほどです。930haもある敷地のうち、茶畑は268ha。残りの三分の二は原生林のまま残し、トラやヒョウ、鹿をはじめ無数の動物が生活をしています。最近では象も姿を見せています。
マカイバリ茶園と同じに土づくりに力をいれ、1ヵ月かけて微生物による堆肥づくり(ワーミーコンポスト)を行ったり、70日間かけて牛糞やシリカ、鉄分を使用したバイオダイナミック農法の堆肥づくりをしています。また防虫剤として硫黄やライムを使用し、葉にまくことによって雨期には害虫であるレッド・スパイダーをよせつけません。標高が高いので防風林のために多くの木や植物を植えています。美味しい紅茶がつくられる素晴らしい自然環境です。まさに ダージリン・マカイバリ茶園と同じです。
f0152158_13010556.jpg


[PR]
by sarasa-kan | 2018-08-12 03:57 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)

オーガニック・ハーブティー

f0152158_554302.jpg

マカイバリ茶園緑茶に、オーガニックのハーブ5種類をブレンドしました。
ヨーロッパで大人気のマカイバリ茶園緑茶。ヨーロッパでは、自分の好きな生ハーブを緑茶に入れて飲まれています。
マカイバリジャパンでは、緑茶に合うハーブ5種類を選びブレンドしてあります。
原材料は、有機緑茶、有機レモンバーベナ、有機レモンバーム、有機レモングラス、有機ペパーミント、有機スペアミントとなっています。
美味しさはもちろんですが、とても体に優しく健康的なハーブティーです。
ぜひ一度ご賞味くださいませ。
[PR]
by sarasa-kan | 2018-08-10 03:18 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)

マカイバリ茶園のアールグレイ紅茶

f0152158_05294432.gif

f0152158_05300411.jpg
f0152158_05304017.jpg


マカイバリ茶園のオーガニック・ダージリン紅茶に、ベルガモットの香料をつけたフレーバードティーです。

世界中で人気の高いアールグレイ紅茶をマカイバリ茶園の最高級茶葉で作り上げました。
香料はブレンドセンス抜群のプロが厳選したものを使用しています。

どうぞこの機会に、香り高いアールグレイ紅茶をぜひお試しくださいませ。

Flavored Tea
Makaibari Tea with Bergamot



[PR]
by sarasa-kan | 2018-08-09 03:04 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)

世界の最高峰となったマカイバリ茶園

田中珈琲店は、旧沙羅茶館時代から紅茶にも力を入れてきましたが、その姿勢は変わらず続けてまいります。

もう数十年、マカイバリ茶園アジア・日本総代理店 マカイバリジャパン社とは信頼ある取引を築いてきましたが、これも継続させていくことで合意しました。
ティーインストラクターのライセンスを持つ私としてもとても嬉しい限りです。

f0152158_2012447.jpg


マカイバリ茶園は1840年代からイギリス人により創業された、ダージリン地方で最も長い歴史を持つ茶園の一つです。1856年、商業目的としてダージリンで最初に紅茶農園を始めたイギリス人・サムラー大尉によって始められたマカイバリ茶園は、1857年にG.C.バナジー氏に営業権が譲渡され、同年に製茶工場設立、1859年にはマカイバリ茶園(Makaibari Tea Estates)の名が正式登録されました。以後、現4代目茶園主S.K.バナジー氏に至るまで、バナジー家が茶園の人々と一緒に生活し、茶園経営を行っています

 マカイバリ茶園はダージリンでも大変ユニークな茶園として知られています。40年以上にわたり、農薬や化学肥料を一切使用せず茶栽培を行うだけでなく、世界の紅茶農園としては初めて、すべての茶畑(約270ヘクタール)において、月の満ち欠けや調合材を使う「シュタイナーのバイオダイナミック農法」を採り入れた紅茶農園です。1993年にはバイオダイナミック認定団体デメター(Demeter)より、バイオダイナミック農法認定を取得、以来毎年更新しています。

 また、2001年2月17日には、海外から日本に輸入される紅茶として第1号の改正農林規格(JAS法)に基づく有機認定を取得、以来毎年更新しています。

 約1,700人のコミュニティー(茶園主は従業員とは呼ばず、コミュニティーと言う言葉を使います)の人々と共に、茶園を守り続ける4代目茶園主は、ダージリンでは唯一、茶園主が自ら茶園に住み、人々と共に茶作りを行う茶園主なのです。彼のたぐいまれなる茶園経営はインド国内のみならず、世界中から注目を浴び、毎年環境保全団体やNGO、そして国連機関が茶園を視察に訪れています。

 このようなユニークな環境で育てられたマカイバリ紅茶は、1996年に米国紅茶マスターズ協会において「夏摘み紅茶シルバーティップス」が歴代世界最高値を記録、2003年にはコルカタ(旧カルカッタ=インド)で行われたティーオークションで「シルバーニードルズ」が歴代世界最高値を記録しました。

 名実ともに世界の最高峰となったマカイバリ茶園のダージリン紅茶を、どうぞお楽しみください。

[PR]
by sarasa-kan | 2018-07-31 03:04 | 紅茶 | Trackback | Comments(0)