<   2017年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年を振り返って

今年は、今、思い返すととても自分的には充実した一年かなと思います。
コーヒーは奥が深いので、日々、コーヒー豆と格闘している感じでした。
それも、沙羅茶館を支えてくれている多くのお客様の期待を裏切る味は作りたくない一心でした。
それがうまく伝えられたかどうかは、正直わからないとこもあります。
しかし、たかがコーヒーですが、されどコーヒー。そこにはいろいろなストーリーがあります。
これからも、そのスタンスは変えたくありません。
f0152158_16512211.jpg

今年は、一年間で11本のライブを企画、毎回多くのジャズファンにご来場いただき心より感謝申し上げます。
沙羅茶館Dome Hallのライブはプロミュージッシャンしか入れません。
それを批判する地元のアマチュア・ミュージッシャンの方もいらっしゃるようですが、それは沙羅茶館の考えるライブスタイルです。
来年もすでに10月までスケジュールは埋まっています。
沙羅茶館のライブは、とにかく、毎回何が起きるかわからない、それは、プロミュージッシャンだからできるステージなのです。
沙羅茶館Dome Hallは、プロも認める旭川唯一の、ジャズ・オンリー・ライブホールです。
来年もどうぞご期待下さい。
f0152158_16515853.jpg

あと、個人的には、念がったラオスも再訪しました。
旅に出て自分を見つめ直す時間もありました。
来年、年明けにはまたインド、春はベトナムに旅します。
決して、それは遊んでいるのではなく、旅に出て、自分のコーヒーのことも深く考える時間でもあるのです。
f0152158_16523572.jpg

車も、やっとこの歳になって、自分しか乗れないミニ・スポーツカーを手に入れました。
全く実用性のない、ただ走るだけの車です。
でも、雪が溶ける頃までには、自分の体に何とかフィツトさせようと思ってます。
f0152158_1653351.jpg

来年からは沙羅茶館は、後継者に引き継ぎます。
もう、そういう時代です。
どうぞこれまで以上のご支援、ご協力をお願いいたします。
f0152158_16533076.jpg

本当にこの一年間お世話になりました。
心より感謝申し上げます。
[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-26 16:53 | カフェ便り

■社長交代のお知らせ

■社長交代のお知らせ
年内をもって、僕は(有)沙羅茶館の社長を退任致します。
新しく、娘がその職を継承致します。
創業39年。
僕は自分の築いてきた店は誇りにも思いますが、もう、これからは時代は変わるのです。
来年からは、新しい沙羅茶館に生まれ変わります。
どうぞ、これからも引き続きよろしくお願い致します。
f0152158_134327.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-21 13:43 | カフェ便り

■年末年始の営業ご案内(変更)

■年末年始の営業ご案内(変更)
◯年内は平常営業
◯年始も平常営業(元旦も営業致します)
◯2018年1月9日〜15日 AM10:00~PM4:00

尚、コーヒーの地方発送及び配達は、年内は12月25日最終。
2018年1月16日からの受付・発送・配達となります。
どうぞ余裕を持ってご注文お願いいたします。
f0152158_11174175.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-20 11:18 | カフェ便り

■森村献Latin Jazz Session Jazz Con Clave

さあ、来年2月のこのライブは見逃せませんよ!!
寒い季節、雪を溶かすような熱いライブになる予感がします。
素晴らしいメンバーです。
ご予約はお早めにSold Out間違いなしです。

■森村献Latin Jazz Session Jazz Con Clave
f0152158_343451.jpg

【森村 献】
1954年5月22日 東京出身
 74年かまやつひろしバンドのキーボード奏者としてプロ活動を始め、79年オルケスタ・デル・ソルに参加。ポピュラー音楽に携わりつつラテン音楽に傾倒を深める。特に88年からは毎年のようにキューバを訪れ、現地の一流ミュージシャンとの交流の経験を生かし日本の音楽界に新風を吹き込む。この頃結成されたオルケスタ・デ・ラ・ルスやチカ・ブーンの有力なアドバイザーでもあり、日本のラテン音楽界にはなくてはならない存在となる。
 90年元カシオペアの神保彰、櫻井哲夫によって結成されたフュージョン・グループJIMSAKUに主要メンバーとして参加し、演奏および編曲を担当(アルバム5枚)。91年女性サルサ/ポップグループ、チカ・ブーンのデビュー・アルバム「チカ・ブーン」をプロデュース。
 93年ソロ・アルバム「フットボール・スクィーズ Vol.1 エスペランサ」をソニーより発表。93~99年オルケスタ・デル・ソルのアルバム6枚(ビクター他)のほぼ全曲を編曲。作曲も多数。98年から熱帯JAZZ楽団に参加し数々の作編曲も担当。
 99年に日本のサルサミュージシャンのオールスターズESTRELLAS DEL JAPONを結成し、1月にキューバ、11月に中南米4ヶ国をツアーし、各国で絶賛を浴びる。
 2001年にソロアルバム"HEART OF CUBA"、2002年に"SONADOR"をビクターaosis Recordsよりリリース。キューバンダンス・コンピレーションアルバム「ボバンバ!」をプロデュース、熱帯倶楽部SPIRIT OF RHYTHM(アルバム2枚)の音楽監督をつとめる。
 2003年にはビクター・エンタテインメントより4枚目のソロ・アルバム "MILAGRO" をリリース。このアルバムではブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのピアニスト、ルベン・ゴンサーレスと共演している。
 2007年にはウノ・レコーズより5枚目のソロ・アルバム "MANTECA" をリリース。
 2011年には同じくウノ・レコーズより6枚目のソロ・アルバム "respiro" をリリース。  

Member
森村献(pf) From Tokyo
山口卓也(b) From Tokyo
村川佳宏(sax・fl) From Sapporo
佐藤裕一(ds) From Sapporo
[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-19 03:45 | LIVE情報

■「中澤一起・玉川健一郎Duo」Live in Sarasakan

2018年3月18日(日)、待望の本格的男性ジャズボーカルのライブ決まりました。
■「中澤一起・玉川健一郎Duo」
中澤一起(g)
札幌市生まれ。岡本広氏、曽山良一氏らに師事し、その後札幌を中心に音楽活動をする。2005 年に渡米を決意しLos Angeles, New York に渡り、その後LosAngeles に移住する。アメリカでJinshi Ozaki 氏に師事し音楽の幅を広げ、後にOzaki 氏とのユニット『Healing Groovy』で活動しレコーディングでTribal Tech のScott Kinzey(key), Kirk Covington( dr), Gary Novak(Dr) などと競演、様々なミュージシャンとプレイをし2012 年に帰国。現在札幌を中心に音楽活動を再開し、多くのトップミュージシャンと共演。
玉川健一郎(vo)
北海道出身。ジャズシンガー。
学生時代、近藤房之助、服田洋一郎、永井隆と出会いブルース、R&Bを歌う。
2004年頃から日本を代表するバップピアニスト故・福居良との出会いをきっかけにジャズへ傾倒。
後、福居を通じ、ジャズ・レジェンド、バリー・ハリスに師事。福居の下で磨かれたジャズスピリット、トニー・ベネットを彷彿とさせる豊かな声量、バリー・ハリスとの出会いから学んだ繊細な歌心を併せ持つ、今最も期待されるジャズシンガー。
札幌Jazz Spot "Slow Boat"を拠点に、全国へその活動範囲を広げている。
2018年3月18日(日)
PM6:00 OPEN PM7:00 START
Ticket:¥2,500
ただいま、フライヤー作成中です。後日、沙羅茶館Dome Hallのイベントとして公開します。
ボーカルファンの皆様は必見ですよ。中澤くんの華麗なギターテクニックも素晴らしいです。
どうぞ楽しみにお待ち下さい。
これで、沙羅茶館Dome Hallのライブスケジュールは、来年6月まで全て埋まりました。
お問い合わせは沙羅茶館 TEL:0166-57-4405
f0152158_1532587.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-16 15:03 | LIVE情報

■年末年始の営業ご案内

■年末年始の営業ご案内
◯年内は平常営業
◯年始も平常営業(元旦も営業致します)

◯2018年1月9日〜15日は冬季臨時休業とさせていただきます。

尚、コーヒーの地方発送は、年内は12月25日最終発送。
2018年1月16日からの受付となります。

どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-14 03:35 | カフェ便り

2018年、確定済みDome Hallのライブ・スケジュール

来年、2018年の確定済みのDome Hallのライブ・スケジュールをお知らせ致します。
まだ、ユニット名や詳細は、不確定要素もありますが、取り急ぎ決定済みのライブです。
とても旭川では聴くことのできない素晴らしいプログラムになっております。
来年は、沙羅茶館としても、一歩前進したジャズ・オンリー・ライブホールとして、ジャズファンの皆様に喜んでいただけるように努力してまいりたいと考えております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
f0152158_14435332.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-06 14:44 | LIVE情報

森村献Jazz Con Clave ラテン・ジャズ ライブ

さてさて2月24日(Sat)は、あの「熱帯ジャズ楽団」のピアニスト、森村献率いるJazz Con Claveのラテン・ジャズライブ開催します!!
厳寒の季節に熱いLatin Jazz・・この夜だけは、沙羅茶館Dome Hallの下で熱く燃えましょう!!

■2018年2月24日(土)
■PM4:00 OPEN PM5:00 START
■Ticket:¥3,500
■Member
森村献(p) From Tokyo
山口卓也(b) From Tokyo
村川佳宏(sax・fl) From Sapporo
佐藤裕一(ds) From Sapporo
お問合せ、ご予約は沙羅茶館 TEL:0166-57-4405又はFBにて
f0152158_16585443.jpg



[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-03 17:00 | LIVE情報

インドネシア マンデリン ポルン アルフィナー

北スマトラ州 トバ湖南西に位置するポルン地区。弊社ラインナップのブルーバタックに替わる銘柄として、安定的なクオリティと心地よいアーシーな風味を求め2016年冬にこの地区を訪れました。
この地で、チェリーを集め、乾燥場を切り盛りするアルフィナー ・ルンバンガオル氏は、近隣の生産農家約250件を1軒1軒回り、良質なパーチメントを厳選して買い付けると共に、品質向上の手助けをしています。こうして彼の努力で集められたパーチメントは、他のエリアと混ざることなく安定的なクオリティとその向上、地域の活性化を目指しています。
f0152158_18493432.jpg

リントン地区においては、一般的にシェードツリーを植える例は多くみられませんが、アルフィナー氏はアチェ地区を参考にラムトログン(マメ科植物)を植え始めました。これは、土壌の保水性・旱魃のダメージを軽減しようと試みるだけでなく、苗木を多く植える為に、シェードツリーによって土壌・生育環境の安定化を図ってのことです。
f0152158_18495851.jpg

また現在、地域全体の品質底上げを狙って、糖度の高いチェリーから苗木を作り、約50軒の農家に配るプロジェクトを始めました。この中にはブルボン種やティピカ種を限定し新たに植え始めた農地もあり、プロジェクトが成功すれば周りの農家も協力してくれると期待を寄せています。
f0152158_18501467.jpg

アルフィナー氏は、3年、5年と長い時間を見据えて、将来も良質なマンデリンを絶やすことなく、また より高い品質の向上を目指し取り組んでいます。地域と共に成長を目指し、小さいながらも、確かな一歩を踏み出しています。
f0152158_18503237.jpg

カップクオリティも申し分なく、元来のマンデリンコーヒーに求めるアーシーさに加えて、厚みがありヘタらないマウスフィール、甘さの質感が申し分なく楽しめると思います。重厚で独特のエキゾチックさもあり、非常に立体的な風味だと感じました。
[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-02 01:54 | *スペシャルティコーヒー

この一年のライブを振り返って思う

僕のこの二日間のブログを読んで、少し、過激な発言じゃないの・・と心配される方もいらっしゃいます。
しかしながら、自分では過激でもなんでもなくいたって平常心なのです。
僕も自分でライブをプロモートする側になって、初めて気のつこともたくさんありました。

沙羅茶館では地元のミュージッシャンは入れてませんし、これからもその気持ちは変わりません。

それは、今まで、沙羅茶館で素晴らしい演奏してくれた多くのミュージッシャン、そこに、足をお運びいただいたお客様一人一人に心から感謝しているということです。

沙羅茶館のライブスタイルは、知名度優先ではありません。
あくまでも、ミュージッシャンの人間性が優先です。
ジャズにかかわらず、音楽は、その方の優しさや、考え方、心の豊かさが何よりも大切だと思っています。
残念なことに、旭川にはそういう方がいらっしゃらないというだけです。

それでなくても、今の若いミュージッシャンは、少し名前が売れたり、知名度が上がったりするとすぐに天狗になって、さもさも自分が一番だというような風潮があります。
とても危険なことです。

この一年、自分のプロモートしたライブを振り返った時、僕の力不足で集客に困難したことも何度もありました。でも、ミュージッシャンの方たちは文句も言わず、またここで演りたいと言ってくれます。
とても嬉しいい言葉です。

僕には、何の力もありません。
だから、僕は、そういうミュージッシャンたちを応援もしますし、この小さなホールは、そういうミュージッシャンたちのために解放していきたいとも考えてます。

そして、一人でも多くのお客様とその素晴らしいライブを共有していけたらとても嬉しいことです。
f0152158_254110.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-01 02:56 | カフェ便り

北海道旭川市/自家焙煎珈琲店沙羅茶館


by sarasa-kan
プロフィールを見る