<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2018年、確定済みDome Hallのライブ・スケジュール

来年、2018年の確定済みのDome Hallのライブ・スケジュールをお知らせ致します。
まだ、ユニット名や詳細は、不確定要素もありますが、取り急ぎ決定済みのライブです。
とても旭川では聴くことのできない素晴らしいプログラムになっております。
来年は、沙羅茶館としても、一歩前進したジャズ・オンリー・ライブホールとして、ジャズファンの皆様に喜んでいただけるように努力してまいりたいと考えております。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
f0152158_14435332.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-06 14:44 | LIVE情報

森村献Jazz Con Clave ラテン・ジャズ ライブ

さてさて2月24日(Sat)は、あの「熱帯ジャズ楽団」のピアニスト、森村献率いるJazz Con Claveのラテン・ジャズライブ開催します!!
厳寒の季節に熱いLatin Jazz・・この夜だけは、沙羅茶館Dome Hallの下で熱く燃えましょう!!

■2018年2月24日(土)
■PM4:00 OPEN PM5:00 START
■Ticket:¥3,500
■Member
森村献(p) From Tokyo
山口卓也(b) From Tokyo
村川佳宏(sax・fl) From Sapporo
佐藤裕一(ds) From Sapporo
お問合せ、ご予約は沙羅茶館 TEL:0166-57-4405又はFBにて
f0152158_16585443.jpg



[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-03 17:00 | LIVE情報

インドネシア マンデリン ポルン アルフィナー

北スマトラ州 トバ湖南西に位置するポルン地区。弊社ラインナップのブルーバタックに替わる銘柄として、安定的なクオリティと心地よいアーシーな風味を求め2016年冬にこの地区を訪れました。
この地で、チェリーを集め、乾燥場を切り盛りするアルフィナー ・ルンバンガオル氏は、近隣の生産農家約250件を1軒1軒回り、良質なパーチメントを厳選して買い付けると共に、品質向上の手助けをしています。こうして彼の努力で集められたパーチメントは、他のエリアと混ざることなく安定的なクオリティとその向上、地域の活性化を目指しています。
f0152158_18493432.jpg

リントン地区においては、一般的にシェードツリーを植える例は多くみられませんが、アルフィナー氏はアチェ地区を参考にラムトログン(マメ科植物)を植え始めました。これは、土壌の保水性・旱魃のダメージを軽減しようと試みるだけでなく、苗木を多く植える為に、シェードツリーによって土壌・生育環境の安定化を図ってのことです。
f0152158_18495851.jpg

また現在、地域全体の品質底上げを狙って、糖度の高いチェリーから苗木を作り、約50軒の農家に配るプロジェクトを始めました。この中にはブルボン種やティピカ種を限定し新たに植え始めた農地もあり、プロジェクトが成功すれば周りの農家も協力してくれると期待を寄せています。
f0152158_18501467.jpg

アルフィナー氏は、3年、5年と長い時間を見据えて、将来も良質なマンデリンを絶やすことなく、また より高い品質の向上を目指し取り組んでいます。地域と共に成長を目指し、小さいながらも、確かな一歩を踏み出しています。
f0152158_18503237.jpg

カップクオリティも申し分なく、元来のマンデリンコーヒーに求めるアーシーさに加えて、厚みがありヘタらないマウスフィール、甘さの質感が申し分なく楽しめると思います。重厚で独特のエキゾチックさもあり、非常に立体的な風味だと感じました。
[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-02 01:54 | *スペシャルティコーヒー

この一年のライブを振り返って思う

僕のこの二日間のブログを読んで、少し、過激な発言じゃないの・・と心配される方もいらっしゃいます。
しかしながら、自分では過激でもなんでもなくいたって平常心なのです。
僕も自分でライブをプロモートする側になって、初めて気のつこともたくさんありました。

沙羅茶館では地元のミュージッシャンは入れてませんし、これからもその気持ちは変わりません。

それは、今まで、沙羅茶館で素晴らしい演奏してくれた多くのミュージッシャン、そこに、足をお運びいただいたお客様一人一人に心から感謝しているということです。

沙羅茶館のライブスタイルは、知名度優先ではありません。
あくまでも、ミュージッシャンの人間性が優先です。
ジャズにかかわらず、音楽は、その方の優しさや、考え方、心の豊かさが何よりも大切だと思っています。
残念なことに、旭川にはそういう方がいらっしゃらないというだけです。

それでなくても、今の若いミュージッシャンは、少し名前が売れたり、知名度が上がったりするとすぐに天狗になって、さもさも自分が一番だというような風潮があります。
とても危険なことです。

この一年、自分のプロモートしたライブを振り返った時、僕の力不足で集客に困難したことも何度もありました。でも、ミュージッシャンの方たちは文句も言わず、またここで演りたいと言ってくれます。
とても嬉しいい言葉です。

僕には、何の力もありません。
だから、僕は、そういうミュージッシャンたちを応援もしますし、この小さなホールは、そういうミュージッシャンたちのために解放していきたいとも考えてます。

そして、一人でも多くのお客様とその素晴らしいライブを共有していけたらとても嬉しいことです。
f0152158_254110.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2017-12-01 02:56 | カフェ便り