<   2017年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 24日

Aireal(エアリアル)SARASAKAN Spring Special Live

■Aireal(エアリアル)SARASAKAN Spring Special Live
■4月8日(土)
■PM6 OPEN PM7 START
■Ticket:¥2,500(ケーキ付き)
■沙羅茶館Dome Hall  旭川市末広東1条14丁目
■金野俊秀 Toshihide Kaneno(w・b)
蛇池雅人 Masato Jaike(sax)
中澤一起 Kazuki Nakazawa(gt)         
   guest;近江利佳 Rika Oumi(pf)
f0152158_5504320.jpg

大人気のユニットAirealの3人による独特な空気感と立体感の漂うサウンド。
沙羅茶館Dome Hallにアコースティックな音が心地よく響くはずです。
金野さんは、旭川出身で、今、北海道で実力・人気とも若手No. 1ベーシスト。
アルトの蛇池さんは、北海道のみならず活動の場を本州まで広げる超実力派。
アメリカでの修行から帰ってきて、そのギター・テクニックに一段と磨きのかかったギタリ
スト中澤さん。そしてゲストの、道北を拠点に大活躍中のピアニスト近江利佳さんには一
曲のみならず、数曲ジョイントしてもらう予定です。

沙羅茶館DomeHallだけの特別プログラムです。

チケットも順調に予約が入っており、残席も残りわずかになってきております。

このぶんだと今月中にSOLD OUTになる勢いです。お急ぎくださいませ。

予約後のキャンセルも承りますので、興味のある方は、まずはご予約下さいませ。

■ご予約は沙羅茶館 Tel:0166-57-4405又はFBメッセージにて


f0152158_15311329.jpg


f0152158_429843.jpg

by sarasa-kan | 2017-03-24 05:52 | LIVE情報
2017年 03月 18日

青野和範(From愛媛)SAPPORO QUARTET

遠い愛媛からとても素晴らしいピアニスト、青野和範さんがやってきます。
札幌の実力ある若手3人と、新しいCD「BROTHER」を作り、今回はそのレ
コ発ライブとなります。
いよいよ明日です。19日(日)、PM4 OPEN PM5 STARTです。
旭川は、とても素敵なフルーティスト、藤井留美子さんが一曲ジョイントし
ます。
愛媛〜札幌〜旭川。ジャズを通して、一夜だけのBROTHERができます。
お時間のある方は是非お越しくださいませ。
まだお席に余裕があります。
f0152158_3494932.jpg




f0152158_15311329.jpg


f0152158_429843.jpg

by sarasa-kan | 2017-03-18 17:39 | LIVE情報
2017年 03月 09日

■青野和範SAPPORO QUARTET

3月19日(日)は、札幌のジャズシーンをリードする、とても素敵な若い3人と、遠い愛媛
を拠点に全国的に活躍中の素晴らしいピアニストとがQuartetでやってきます。
愛媛と札幌がひとつになって、沙羅茶館ならではの、超豪華なライブになることでしょう。

また、今回はサプライズ・ゲストとして、旭川のフルーティスト、藤井留美子さんが共演し
ます。
愛媛〜札幌〜旭川と一夜だけのJAZZ Brotherが素敵な演奏を繰り広げることでしょう。

ライブもあと10日後に迫り残席も少なくなっております。
連休中日ということもあり、何かとお忙しいでしょうが、沙羅茶館お勧めのとても素晴らし
いメンバーです。
ぜひぜひお越しくださいませ。
f0152158_3353449.jpg

■青野和範SAPPORO QUARTET
■3月19日(日)PM4 OPEN PM5 START
■Ticket:¥2,500(ケーキ付き)
■青野和範(P) 村川佳宏(sax・fl) 伊藤未央(b) 川合草平(ds) guest:藤井留美子(fl)

■軽いスナックとして、当店自慢のスコーン食べ放題
■ご予約は沙羅茶館 Tel:0166-57-4405(又はFBにて)





f0152158_15311329.jpg


f0152158_429843.jpg

by sarasa-kan | 2017-03-09 08:09 | LIVE情報
2017年 03月 08日

エルサルバドル シャングリラ農園

シャングリラ農園のオーナーであるファン・カルロス・グレッグ・メサ氏は、家族の伝統を重ん
じながらコーヒーを生産するニュージェネレイションの代表です。彼の家族は70年以上コーヒー
生産していますが、彼が24歳の時に、祖父から受け継いだ14ヘクタールの農園を契機にコーヒ
ー生産に没頭し、シャングリラ農園を購入するにいたりました。
f0152158_523210.jpg

品質に対する彼の熱意と情熱が、COEのコンペテションに挑戦を続けさせ、入賞の経験もありま
す。これは、美しいシャングリラ丘陵地帯に家を建てて住んでいる8人の労働者とその家族のお
陰でもあります。コーヒー農園はシェイドツリーに覆われ、多種の多様な野生動物や野鳥の住処
になっています。シャングリラ農園では、ファン・カルロスの品質に対するこだわりにより、チ
ェリーの熟度がピークのものだけピッキングして、生産処理が行われます。
f0152158_53516.jpg

もちろん、労働者とその家族の生活を向上させることも忘れてはいません。そうして、スタッフ
との二人三脚での努力の先には、彼が目指す景色があるはずだと信念を持ってコーヒー生産に従
事します。それは自分のコーヒーが、エルサルバドルを代表する最高のコーヒーとして、世界のコ
ーヒーショップに並び、消費者に愛飲させること。COEウィナーとして一歩ずつ夢に近づきながら
その日を待ち望んでいます。
f0152158_533076.jpg

アフターテイストにオレンジビールのような心地よいビター感を感じました。

f0152158_15311329.jpg


f0152158_429843.jpg

by sarasa-kan | 2017-03-08 05:05 | *スペシャルティコーヒー
2017年 03月 03日

Aireal(エアリアル) Spring Special Live

今の北海道のジャズシーンで大人気のユニットAireal(エアリアル)の3人によ
る独特な空気感と立体感の漂うサウンド。
小さな「音楽堂」沙羅茶館Dome Hallにアコースティックな音が心地よく響く。

オリジナリティー溢れる3人のプレーから目が離せない。
そして、今回は道北を拠点に活躍するピアニスト近江利佳さんがゲスト出演しま
す。
是非、ぜひ、皆様のお越しをお待ち致しております。

■Aireal Spring Special Live
■4月8日(土)
■PM6 OPEN PM7 START
■Ticket:¥2,500(ケーキ付き)
■沙羅茶館Dome Hall

■Member
Aireal
金野俊秀 Toshihide Kaneno(w・b)
蛇池雅人 Masato Jaike(sax)
中澤一起 Kazuki Nakazawa(gt)         
         guest:近江利佳 Rika Oumi(pf)
f0152158_3544023.jpg


f0152158_15311329.jpg

f0152158_429843.jpg

by sarasa-kan | 2017-03-03 03:52 | LIVE情報
2017年 03月 02日

そろそろ世代交代の時代

沙羅茶館も来年で創業40年。
そろそろ世代交代の時代かもしれません。
幸いな事に後継者も決まり、これから徐々に仕事を引き継ぎ、新時代の沙羅茶館
を構築していく考えです。
ただ、一番難しいことはコーヒーの焙煎になるでしょう。
これを引き継ぎさせることは、とても覚えることが多すぎて、難解なことです。
それでも、それをやるべき時期に来ているのは間違いないことです。
沙羅茶館はさらに進化していきます。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。
f0152158_35454.jpg


f0152158_15311329.jpg


f0152158_16105792.jpg

by sarasa-kan | 2017-03-02 03:54 | カフェ便り
2017年 03月 01日

ルワンダ /シンビ

シンビ・コーヒーウォッシングステーションは、ルワンダ南部州にあるフエ(Huye)市のシンビ地区
に位置するウォッシングステーションです。このフエという行政区は、ルワンダ第二の都市で学術
都市と言われるブタレを中心に、コーヒー生産が盛んなマラバ地区などを包括しています。シンビ・
コーヒーウォッシングステーションは、ウォッシングステーションの位置するシンビ地区を中心に、
隣接するマラバ地区・ソヴ地区に暮らす約250の小規模生産者(6割が女性生産者)からなるインベレ
ヘサ農協からチェリーを集めています。
f0152158_1785777.jpg

ステーションの運営が本格的に始まったのは2013年。現在のオーナーのアブドゥル・ルダフング
ワ氏は、それまでコーヒー生産者と実業家の二足のわらじを履いていました。当時、COEの開催な
どを契機に、ルワンダ産コーヒーの品質が世界中に認知され、政府の支援プログラムの下で増産の
プロジェクトが動いていました。そうした時勢の中、コーヒーを処理するウォッシングステーショ
ンが必要になる事から、アブドゥル氏は、マラバ周辺エリアのコーヒーの特性や品質を活かすこと
ができ、わざわざ農園から遠く離れた場所にチェリーを運ばずに済むように、2011年からシンビ
・ウォッシングステーション設立に動き出します。
f0152158_1792141.jpg

シンビコーヒーで生産処理がされるコーヒーは、世界中に最高品質のフリーウォッシュドコーヒー
をもたらす事を掲げ、収穫地から近い立地の優位性と共に、マラバを中心に標高1760m前後
の生産環境のコンディションが近しい周辺エリアから収穫する事で、より高品質で安定したスペ
シャルティコーヒーを生産しています。
また、生産処理のプロセスにおいても同様に、収穫されたチェリーの品質を最大限に活かしきれ 
るように、工程ごとに発酵工程や選別、乾燥工程において品質基準を設けて管理にあたっていま
す。こうしてシンビコーヒーは、地域の風味特性を最大限に引き出した、最高のフリーウォッシュ
ドコーヒーを生み出し、COE受賞など多くの実績と高い評価を受けています。
f0152158_1794930.jpg

 また、生産処理のプロセスにおいても同様に、収穫されたチェリーの品質を最大限に活かしきれ
るように、工程ごとに発酵工程や選別、乾燥工程において品質基準を設けて管理にあたっています
 こうしてシンビコーヒーは、地域の風味特性を最大限に引き出した、最高のフリーウォッシュド
コーヒーを生み出し、COE受賞など多くの実績と高い評価を受けています。
f0152158_171082.jpg

ジューシーなアシディティ、オレンジやグアバのようなフレーバーを感じました。バフのように鮮烈
な酸の印象とはまた違う、飲みごたえのあるルワンダコーヒーに感じます。甘く長く持続する余韻に
が非常好印象でした。

f0152158_15311329.jpg


f0152158_16105792.jpg

by sarasa-kan | 2017-03-01 03:50 | *スペシャルティコーヒー