<   2014年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ペルー/セコバサ入荷しました

しばらく,取り扱いのなかったペルーですが、上物を手に入れ
ることができました。
f0152158_13121086.jpg

CECOVASAは、CEntral de COoperativas de agraria cafetarel
as de los VAlles de Sandia(サンディア渓谷地区コーヒー生産者
協同組合)の略です。 ペルーは日本の約3.5倍と大きな国で、コ
ーヒーはこの広い国土のほぼ全域で生産されております。古くか
らコーヒー生産の行われていたのは、同国北部のカハマルカ、ア
マソナス、中部のチャンチャマヨ地区が有名です。
f0152158_13124234.jpg

今回ご紹介するのは同国南部、南東の国境はボリビアと接してい
る高地プーノの山奥・サンディアのコーヒーです。この地域はボ
リビアに近いこともあり、アイマラ語族が暮らしております。
f0152158_1316057.jpg

また、このエリアのコーヒーはペルーの他の地域とはコーヒーの
出自が全く異なるのが特徴です。もともと標高3800m近辺のチチ
カカ湖近郊に住んでいたアイマラ族は、1930年代にラニーニャ現
象の影響を受け土地の肥沃な「低地」を求めました。(ここでいう
低地は1800mの高地です)。そうして、移住したサンディア渓谷エ
リアでは、ボリビアのユンガス地域で働いていたアイマラ族の労働
者により、コーヒーの木が植えられました。現在に至ります。

そのため、栽培方法、及び品種はボリビアに似ており、在来種の割
合が多いためか、そのフレーバーはエキゾチックさを増します。
f0152158_13164135.jpg

セコバサではカッピングコントロールを最重要とする品質管理が徹
底され、トレーサビリティ、農業指導はペルーでも最高のレベルで
あります。セコバサはチチカカ湖より、北部へ車で10時間ほど山奥
のプティナプンコという町にあり山深い土地ながらも、ペルー屈指
の高品質なコーヒーを生産するエリアとして名高い所以は、そうし
たクオリティの高さによるものです。SCAAなどの品評会でもその
クオリティは高く評価され、米国のスペシャルティバイヤーの中で
も一つのブランドを築きあげております。 ぜひ南米トップクオリ
ティロットをご賞味ください。

明るい酸質やグリーンアップルのようなフレーバーが非常に好印象
でした。また、冷めるにつれてマウスフィールを中心に質感がイン
プルーブしていて点数をあげました。クリーンカップでとても美味
しく感じました。

*カフェの本日のケーキは
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
*チーズケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2014-04-30 15:02 | *スペシャルティコーヒー

ボリビア/レアンドラ・アングロ入荷

南米ボリビアのカフェ・ジュスタ農園から素晴らしいスペシャルティ
コーヒーが入荷しました。
f0152158_657194.jpg

カフェ・ジュスタは、ボリビア西部の山岳地帯でスペシャルティコー
ヒーの産地として有名なカラナビに位置しています。年間1800mmの
降水があるマイクロクライメットのもとここでは粘土質の土壌にコー
ヒーが植えられ、シェイドツリーにインガの木などを使用し生産のマ
ネージメント等を行っています。
f0152158_6574927.jpg

元々は、地元の農協やコヨーテによって買い集められ、集積されたロ
ットとして輸出されていましたが、スペシャルティコーヒーの生産環
境が整う中で、本来の豊かなマイクロクライメットからもたらされる
彼らの農園としての風味特性を伝えるがために、レアンドラ女史は、
彼女の夫とともに独立してコーヒーの生産を行うようになりました。
自分たちの作り出したコーヒーの風味特性に責任を持ち、完熟チェリ
ーのみを摘み取った後は、清涼な天然水でおおよそ16時間ほど発酵さ
れた、天日乾燥を行っています。
f0152158_659582.jpg

小規模生産者として品質への責任とこだわりを持ち、自分たちの手で
バイヤーへ届ける喜びを噛みしめながら、マイクロロットの生産を行
っています。

フレーバーは、グリーンアップルやブラッドオレンジ、酸はパイナッ
プルのような酸とともに乳酸のような酸も感じました。酸の強弱はカ
ッピングフォールでミドル程度でした。1番の特徴としては、ボリュ
ームのあるマウスフィールだと思います。抽象的な言い方ですが、飲
みごたえのあるカップという印象です。

*カフェの本日のケーキは
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
*チーズケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2014-04-28 12:46 | *スペシャルティコーヒー

ファゼンダ カクェンジ ナショナルウィナー2013

ブラジルのナショナルウィナー2013ロット、カクェンジが少量ですが
入荷しました。
f0152158_14492851.jpg

1811年にポルトガルからの初代移民がこの地に入植し約9,000Haの土
地を取得し農業を開始、現在は7代目 Josef Wagner Junqueira,8代目
Ralph Junqueiraとかれの兄弟により経営されています。元々はSarra d
as Tres Barrasの一部だったKaquend。
標高は1,100-1500mの丘陵地帯に農園が広がっています。
COEを初めとして数多くの賞を受賞した同農園。2006年、リリー・コー
ヒー品質コンクールの最 終候補に上り、2007年にはミナス州農業技術
振興公社EMATERによりミナス・ジェライス州最良のコーヒーと評価さ
れました。
f0152158_14502496.jpg

2008年カップオブエクセレンスでは、最高スコアである93.65点を獲得し
第1位となったコーヒー豆を生み出した農園でもあります。
ジュンケイラファミリーは栽培当初より、品種の多様性と品質に投資を行
い向上心に溢れ生産を 行っています。そしてこの地の穏やかな気候と肥
沃な土壌、水資源にも恵まれた最高のマイクロクライメットから、良質の
トップスペシャルティコーヒーを生み出しています。また特記すべき点と
してブラジルには珍しくコーヒーの摘み取りはハンドピックで行っており
その後生産処理工程も平地と棚状(サスペンデット・パティオ)の場所で乾
燥されます。コーヒーはサイロで60日~90日間れスティングを行った後
等級に選別されて販売へ向けられます。
f0152158_14512617.jpg

今回のKaquendは、COE Early Harvest 2013に出品されたスペシャルロ
ットです。惜しくもCOE 受賞はならずナショナルウィナーとしての販売
となりました。
f0152158_1452020.jpg

カップをした感想としては、黒糖のような上品な甘さ、明るくオレンジの
ようなアシディティ、青リンゴやグリーンティのようなフレーバー。クラ
スト時のカラメルのようなフレーバーも素晴らしかったです。さすが審査
会用のロットだと感じます。 


*カフェの本日のケーキは
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
*チーズケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2014-04-23 16:03 | *オークション受賞豆

営業時間変更のお知らせ

営業時間を下記の通り変更しました。

*朝8時〜夜6時
*年中無休(不定休)

どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by sarasa-kan | 2014-04-19 08:35 | カフェ便り

コロンビア/パレスティナ農園入荷

コロンビア/パレスティナ農園の新豆が入荷しました。
f0152158_1213850.jpg

カウカ、ナリーニョとならびのコロンビア南部でもっとも重要な産地 ウイラ。
この地方はマグダレナ河が流れる山脈地帯に挟まれた谷合に位置しています。南
西地方の高い標高で育まれたこのコーヒーはその品質の高さが有名であり、小規
模生産者によって生み出されるウオッシュドコーヒーはここでしか味わうことの
できない、この上なく素晴らしいフレーバーにあふれています。
f0152158_12134536.jpg

このフレーバーを生み出す2000mに近い高い標高のテロワールは、ジャスミンの
香りを帯びたアシディティーを生み出し、温暖に保たれる気温は年間を通して頻繁
な開花を促します。また当地の秀逸な特徴の秘密は7エーカに満たない生産者たち
が、小規模故に家族で丹念に育てることに起因しています。
f0152158_12141814.jpg

名産地として名高いウイラ県。パレスティナは往年のコロンビアコーヒーを彷彿と
させるような、華やかなフレーバーを現し、その偉大なテロワールの片鱗を感じさ
せてくれます。マイルドな酸質、花の様な風味が香り、美しい余韻を残す、アロマ
ティックなコーヒーをお楽しみください。

*カフェの本日のケーキは
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
*チーズケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2014-04-18 14:07 | *スペシャルティコーヒー

ニュークロップ入荷予定お知らせ

スペシャルティコーヒーのニュークロップ入荷予定のお知らせ。
*パレスティナ農園・コロンビア
*サラカ農園・コスタリカ
どちらも4月16日より販売開始予定です。
どうぞよろしくお願い致します。

*カフェの本日のケーキは
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
*チーズケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2014-04-11 12:08 | *スペシャルティコーヒー

15年版るるぶ・ドライブ北海道に掲載

JTBパブリッシング出版の15年版「るるぶ・ドライブ北海道」に
当店が紹介されております。
f0152158_1136010.jpg

f0152158_11362976.jpg


*カフェの本日のケーキは
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
*チーズケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2014-04-07 12:29 | カフェ便り

ルワンダ/13"COE受賞豆・ルワタノ入荷

アフリカの中央部、タンザニアの西にルワンダ共和国はあります。
面積は四国程度と小さい国ですが、赤道直下、高い標高とスペシャ
ルティコーヒー生産に適した条件を備えている自然豊かな国で、2
0088年アフリカ大陸で初めてカップ・オブ・エクセレンスが開催
され今年で第5回目を迎えました。
f0152158_10333997.jpg

f0152158_1038096.jpg

ルワタノ・ウォッシングステーションは、2007年にGikonko地区のチ
ェリーを処理する事を目的に設立されました。そして、2013年ルバイ
ザ・アロイス氏がこのウォッシングステーションの新たなオーナーとな
り、COEを獲得すべく彼を中心に取り組みました。現在、ステーション
には、約1000もの小規模生産者からチェリーが持ち込まれています。
彼らに対しても品質と収穫量工場の為に施肥の提供や生産支援をルワタ
ノCWSでは行っています。今回、その取り組みが実を結び、見事ルワン
ダCOE2013 第11位を受賞しました。
f0152158_1034529.jpg

f0152158_10361887.jpg

ルワンダの印象は白ワインのようなエレガントなフレーバー・酸質とい
う印象が強かったのですが、Rwatanoは、アセロラのような爽やかな酸
が特徴的で、長い余韻を併せ持っています。また、シナモンのような甘
いフレーバーやピーチやクランベリーのようなフレーバーを感じるので
ルワンダらしい風味特性は十分に感じられると思います。

*オークションロットの為、少量の入荷です。興味のあるお客様はお早
めにお買いもとめ下さい。

*カフェの本日のケーキは
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
*チーズケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2014-04-04 12:25 | *オークション受賞豆

ブラジル/吉松農園ニュークロップ入荷

ブラジル・吉松農園のニュークロップが入荷しました。
柔らかな苦みと甘味がとてもバランス良く口の中でひろがります。
今では,当店のブレンドには無くてはならないコーヒーになっています。
ぜひご賞味下さい。

*カフェの本日のケーキは
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
*チーズケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2014-04-02 12:05 | *スペシャルティコーヒー