<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

ジャンピング・ティーサーバー

手軽に紅茶を楽しめるティーサーバーです。
f0152158_10272048.jpg

f0152158_10301925.jpg

何よりの特徴は、紅茶のジャンピングしている様子が見れる事と
茶こしはネジ式でフタから取り外しが可能なので、洗浄も簡単な
事です。
f0152158_10274843.jpg

f0152158_1028522.jpg

気取らずに、紅茶を愉しみたい時にすぐにティーサーバーを用意
して、自分だけのティータイムを・・・
f0152158_10314556.jpg

当店では、フレーバーティーもいろいろ用意しております。
例えば、これからの季節のおすすめとしては、ミントティーやオ
レンジティー、アップル、白桃など美味しいと思います。
少し濃いめにいれてアイスティーもいいですね。
とりあえずは、お気に入りの茶葉を何種類か用意しておいて、さ
っと紅茶を楽しんでみてはいかがでしょうか。

*ジャンピング・ティーサーバー 定価¥1,575(当店価格¥1,339)

*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ

by sarasa-kan | 2013-06-30 04:30 | コーヒー・紅茶道具
2013年 06月 29日

こんなカップ&ソーサーもあるんですね・・

仕事柄、今までもいろんなカップやソーサーを見て来たのですが
今回のは、ちょっと見た事の無い代物でした。



最初パッと見た時は、カップ、ソーサーそれぞれに模様が描かれ
ているのかと思いましたが、実際はカップの表面が鏡面仕上げに
なっており、ソーサーの模様がカップに映り込む仕組みになって
います。



D-BROS(ディーブロス)というデザインプロジェクトがデザイ
ンしたRivulets of the Heartという商品です。



6パターンのモチーフで、それぞれカップに写し込まれる模様が
違い、とても遊び心のあるカップ&ソーサーだと、少しばかり感
心させられました。

*興味のある方は画像をクリックして詳細をご覧下さい。

*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ

by sarasa-kan | 2013-06-29 04:30 | コーヒー・紅茶道具
2013年 06月 28日

エチオピア/イルガチェフェ・FLO

酸味系の豆がお好きなお客様に、根強い人気のあるイルガチェフェで
すが、現在販売しているG-1グレードの在庫が少なくなってきました
f0152158_114490.jpg

取引商社にも在庫が無く、来月からは、イルガチェフェは、急遽仕入
れた、無農薬でフェアトレードの認証も受けている商品にかわります
f0152158_1144193.jpg

アラビカコーヒーの原産国・エチオピア。コーヒーの木が森の中や庭
先に自生しているこの国には1000年以上に渡るコーヒーの歴史が
あり、日本の茶道に似たようなコーヒーセレモニーは生活に密着した
文化となっています。
f0152158_115333.jpg

オロミアコーヒー生産者組合連合(OCFCU)は1999年に誕生した農
協で、現在コーヒー農家12万8000家族・129生産者組合が参
加しています。
f0152158_1161277.jpg

近年スペシャルティコーヒーとして、世界的な注目を集めるイルガチ
ェフェは豊かな火山灰性土壌、高い標高がもたらす昼夜の激しい寒暖
の差が、コーヒー栽培に適しています。その素晴らしい自然環境の元
であっても、生産者なくしては素晴らしいコーヒーはつくられません
世界有数のコーヒー名産地、エチオピア・イルガチェフェ。
この地域の素晴らしいコーヒーとそれを育てる人々を守り、よりよく
するためのオーガニック・フェアトレードコーヒーです。
f0152158_118530.jpg

昨日、テストローストしてみましたが、アールグレイやアプリコット
を思わせるフレーバーとマウスフィールやスイートネスはその熟度の
高さを感じさせてくれました。
酸味のお好きな方には、十分満足していただける味だと思います。

*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ

by sarasa-kan | 2013-06-28 04:30 | *スペシャルティコーヒー
2013年 06月 27日

売店にプルーメンを吊るす

イギリスのエコランプ、プルーメンを売店にも吊るしてみまし
た。
ちょうど豆を販売している場所が少々暗かったので、そこには
カフェで使っているプルーメンよりひとまわり小さい、ベイビ
ープルーメンを吊るしました。
f0152158_13385940.jpg

今回は専用のCageも取り付けました。裸で吊るすのもいいです
が、クロムのCageを付けるとちょっと雰囲気がかわり、なかな
か気にいりました・・
豆売りのコーナーも以前より明るくなりましたよ。
f0152158_13422135.jpg

以前からあった普通サイズのプルーメンにもCageを付けてみま
したが、Cageはベイビー用なのかちょっとサイズ的にきつそう
に感じました。

デザイン照明はいろいろ出ていますが、プルーメンは価格的に
も安く、知恵の輪状にからみあったフォルムがとても見ていて
も飽きないので、今度はどこに吊るそうかと考えています。

*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ

by sarasa-kan | 2013-06-27 04:30 | 売店ニュース
2013年 06月 26日

ティーピッチャー

紅茶を楽しむ道具として、こんな耐熱ガラスのティーピッチャーも
ひとつあれば以外と便利でだと思います。
ステンレスのふたと、天然木のつまみが、このピッチャーのアクセ
ントになり、気取らないでカジュアル感覚で紅茶の時間を過ごせそ
うです。
f0152158_13384325.jpg

ステンレス製ストレーナーは、ガラス内側にはまるストッパー付き
になっています。
これ一台あれば、紅茶を飲みたくなった時に、さっとお気に入りの
リーフをストレーナーにセットし、あとはお湯を入れればOKです。
実用容量は450mlですからカップ2杯分といったところろでしょう
か。
*定価¥2,625(当店価格¥2,231)

当店のお勧めとしてはタンザニアウガンダマラウィといったア
フリカのお茶をぜひ試してみていただきたいと思います。
価格も安いですし、ストレートでもミルクを入れてもとても美味し
く召し上がっていただけると思います・・・

*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ

by sarasa-kan | 2013-06-26 04:30 | コーヒー・紅茶道具
2013年 06月 25日

セラミックコーヒーミル・スケルトン

最近の手挽気のミルででは、ハリオのコーヒーグラインダーがデザ
イン的にも機能的にも好きなのですが、今回ご紹介する、セラミッ
クコーヒーミル・スケルトンも、このクラスのミルとしてはなかな
か使いやすいミルです。
f0152158_15575483.jpg

コーヒーも100gまで挽けますので、多少多めに挽いても付属のキ
ャップをして保存しておくこともできグッドです。
テーブルの上で挽いても滑りにくい構造になっていて、とても安定性
があります。

スケルトンで粉の粗さも黙視できるので、自分好みの粗さの調節にも
便利だと思います。ちなみに、歯はセラミックなので丈夫です。
今は、電動のミルが主流となっていますが、たまには気分をかえて手
挽きのミルを使ってみるのも、美味しいコーヒーを飲む楽しさが広が
り良いと思いますよ。
*定価 ¥3,150(当店価格¥2,678)

*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ

by sarasa-kan | 2013-06-25 04:30 | コーヒー・紅茶道具
2013年 06月 24日

ドミニカ/アルフレッド・ディアス農園・プリンセサ

ドミニカのコーヒーは、昔、ヌエボ・ムンドという農園の物を取り扱
った事がありましたが、当時はあまりインパクトを感じない豆に思え
ました。今回アルフレッド・ディアス農園という上物が手に入ったの
で、再び取り扱ってみる事にしました。

スペシャルティコーヒーの栽培に取り組むアルフレド・ディアス氏は
ドミニカに生まれ、幼少のころにアメリカへ移住、年月を経て故郷ド
ミニカに戻り、帰郷10年目にハラバコアに移り住みました。
f0152158_1172444.jpg

ハラバコアの美しい環境とその土地で行われているコーヒー栽培に惹
かれたアルフレドは1989年に農園を購入。高品質なコーヒーの生
産に一身の情熱を傾け、栽培方法の改良に取り組んできました。
カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島。この島の東部がドミニカ共和国
で面積は九州と同じくらいの小さな国です。
f0152158_118131.jpg

この島にコーヒーがやってきたのは18世紀の初め頃で、中南米の中で
も最初の頃にコーヒーが導入されたのがこの島でした。
カリブ海コーヒーの特徴を持ちながら、すっきりとしたライムのよう
な香りをもつドミニカのスペシャルティコーヒー。
f0152158_1185036.jpg

2007年にドミニカのコーヒー協会(CODOCAFE)主催の品評会で第
2位を受賞したのもうなずけるクオリティです。
従来ドミニカといえば、産地はバラオナで、粒が大きく、そろってい
る豆ですが、こちらのプリンセサは、別の産地のもので、ドミニカで
ありながら、中米のようなしっかりしたシトリック系の香りや酸味の
ある商品です。カリブ海系ですので、浅煎りでもあっさり、すっきり
いただけるアイテムだと思います。
f0152158_1195312.jpg

『プリンセサ』。これはスペイン語で『プリンセス』を意味していま
すが、この名の通り、ライムのような上質な酸質、シトリックなフレ
ーバーが名に恥じない味わいを感じさせてくれます。
f0152158_11102067.jpg

“ディアス氏よりメッセージ”
無事に日本に船が到着したとのことで、ホッとしています。私は、コ
ーヒー栽培の最初から最後まで、責任をもって取り組んでいます。
一杯の幸せを家族や仲間、大切な人とわかちあってもらいたい。日本
のみなさんが私のコーヒーを飲んで、幸せを感じて頂ける事を願って
います・・・
f0152158_1614938.jpg


*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ

by sarasa-kan | 2013-06-24 04:30 | *スペシャルティコーヒー
2013年 06月 23日

グアテマラ/エルインヘルト農園・サンタロサ

エルインヘルト農園は、グアテマラ北西部ウエウエテナンゴ県の谷沿いに
深く入ったラ・リベルタ(La Libertad)村に位置し、敷地面積750ヘク
タール(コーヒー栽培エリア250ヘクタール)の広大な敷地の中で営まれ
ています。
f0152158_11553161.jpg

この地区は平均気温が16〜18℃と冷涼で、年間降水量1,800〜2,00
0mmと適度な湿度があり、有機物質に富んだ火山性の土壌を有します。
明確な乾季が均等な開花熟成を生み、結果として最上級の酸味、ボディ、
味わい、ほのかなワインのようなアロマをもったコーヒーを生み出します
農園は大変良く手入れされており、樹の形、枝の勢い、葉の色・実の付き
方が素晴らしく、一目で判ります。
f0152158_11552384.jpg

堆肥には、ミミズを使って作り出した有機を使用するなど環境にも細心の
注意を払っています。敷地内の470ヘクタールの天然雨林は、動植物の自
生を維持するとともに、この農園に最適な気候をもたらします。
f0152158_1156185.jpg

収穫では完熟赤実のみが手摘みされ、伝統的な水洗処理工程を守って精製
処理されます。果肉除去された後60-72時間をかけて醗酵槽に浸けられて
熟成し、山から流れてくる豊富な湧き水を利用し洗浄します。こうして充
分に甘味を持ったパーチメントがパティオ(天日乾燥場)で丁寧に乾燥され
ます。また、農園独自にドライ・ミル(選別工場)を所有しており、すべて
の工程を一貫して行っております。
f0152158_11563041.jpg

良いコーヒーを生産する為に、オーナー自身の徹底した研究・管理のもと
で、伝統的なグアテマラのコーヒー生産技術に守られたコーヒーは素晴ら
しい味わいを有しています。
f0152158_11574521.jpg

このエル・インヘルト・ウノ農園のコーヒーはグァテマラのスペシャルテ
ィコーヒーコンペティションにおいて、毎年上位に入賞しており、まさに
グァテマラの頂点に位置するスペシャルティコーヒーといえるでしょう。
今回は、このエルインヘルト農園の中からサンタロサエリアのみを厳選し
ました。
パカマラで有名な「エルインヘルト農園」ですが、パカマラ以外の品種も
素晴らしい品質です。
f0152158_14292289.jpg

改めて、テロワールや農園の際立った優秀さを感じさせてくれました。
香り、酸味、バランスに優れ、これ以上のクリーンカップは、なかなか味
わう事が出来ないかも知れません。

*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ

by sarasa-kan | 2013-06-23 04:30 | *スペシャルティコーヒー
2013年 06月 22日

Hulger / Baby Plumen

f0152158_13573536.jpg

カフェの照明で使っているプルーメンは、サミュエル・ウィルキンソン
がデザインし、2010年イギリスでの発表以来、全世界で話題を呼ん
でいるデザインエコランプ ですが、待望のニューモデルが誕生しました
その名もBaby Plumen 。従来のプールーメンをひとまわり小さくした
デザインになっています。



カフェで実際に使ってみて、ひとつひとつが見る角度や吊るし方によっ
て、知恵の輪の様に微妙に違ったからみ形を見せてくれ、なかなか見て
飽きないランプです。
Baby Plumen 専用の「LineMe」のコードや、Cageと合わせて使うこ
とで、より使い方が広がると思います。





*興味のある方は上の画像をクリックしてご覧下さい。

ブランドのHulgerは2005年ロンドンにMichel-George HemusとN
icolas Roopeの2人によって設立しました。
Skypeなどのインターネット電話や携帯電話、iPad用電話機など、斬新
なデザインと高品質を兼ね備えたHulgerブランド開発で知られています
2010年のPlumen発表後は、ニューヨークのMoMAや、ロンドンのDes
ign Museum、Victoria and Albert museum で展示され、また、Br
it Insurance Design of the Year 2011の最優秀賞、D&AD Awa
rds 2011にて最高賞であるBlack Pencil受賞等、数々のデザイン賞
を受賞し、世界中のメディアの注目を集めました。
f0152158_1350640.jpg

f0152158_1351795.jpg

使い方や置き場所によって様々な楽しみ方ができて私の好きなランプで
す。

*ブルンジの12'COE、ムランビ・ウォッシングステーションが完売し
ましたありがとうございます040.gif

*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ

by sarasa-kan | 2013-06-22 04:30 | カフェ便り
2013年 06月 21日

ビアレッティとFIATのコラボ

たまに一人でエスプレッソテイストのコーヒーを飲みたいと思った
ことありませんか。
1933年以来、イタリアンカフェの象徴としてモカを提供してい
るビアレッティ社と1899年創業以来、イタリア文化の象徴とし
て自動車のある楽しい生活を提供し続けているFIATのコラボレーシ
ョンにより発売された「FIAT電気式カフェモカ」なんかいかがでし
ょうか。

*電気モカ #2 フィアット BIANCA 

f0152158_1623326.jpg

ビアレッティとFIATの500のロゴが入ったオシャレなデザインです
通常のビアレッティと比べると、価格は少し高くなっていますが、
カラーもホワイト、ブラック、レッドとあり、色のバリエーション
が広がって選ぶ楽しさも出てきました。

*電気モカ #2 フィアット ROSSA
 
f0152158_16252290.jpg

*電気モカ #2 フィアット NERA

f0152158_16262068.jpg

タンク容量は98ccです。2人用とありますが、これはあくまでも
エスプレッソとしての杯数なので誤解しないで下さいね。
f0152158_16265297.jpg


*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ

by sarasa-kan | 2013-06-21 04:30 | コーヒー・紅茶道具