<   2013年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

春は近い・・・

マリンブロックに頼んでいた、アクリルの一輪挿しが届きまし
た。
f0152158_111087.jpg

本当は、以前ブログで紹介した、MoMA リボンベースが欲しか
ったのですが、価格も高くて、買うのを躊躇していました。
f0152158_1112664.jpg

個人的には、あまり花瓶っぽい物は好きではないので、アマゾ
ンなんかで、それに近いイメージの商品を捜していたら、偶然
たどりついたのが、マリンブロックという会社の商品でした。

受注生産の為、納品されるまでの日数は少しかかりましたが、
なかなかシンプルで、価格も安く、デザインも気にいっていま
す。
f0152158_1133110.jpg

早速、娘たちの好きだったガーベラを挿してみたところ、テー
ブル上も少しアクセントがついて明るくなった気がします。

明日から3月、気持ちだけは春に向かって動き出しています。

*カフェの本日のケーキは

*スイス風くるみのトルテ(生クリーム添え)
*チーズケーキ(ヴェネチア風)
*チョコレートケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2013-02-28 04:30 | カフェ便り

Passive Speaker 2012

私は、スマートフォンでないので、その利便性が
よく分からないのですが、私だったら、きっと、
こんなコンパクトなミニスピーカーがあったら、
きっとすぐに買ってしまいそうです。

icon
icon

折りたたんだ形はかわいいボールにしか見えませ
んが、真ん中を開くとコンパクトスピーカー。ス
マートフォンで、重低音と高音質の音楽をたっぷ
りと楽しむ事ができそうです。

icon
icon

MoMAのすすめる昨年発表されたばかりの新作で
す。
デザイナーはAkihiro Momozaki
色もホワイト、グリーン、ブラックと3色ありま
すので、自分の持っているスマートフォンの色に
合わせて購入したり、音楽好きな友人にプレゼン
トするのにも、価格も安いのでいいかも知れませ
んよ。

余談になりますが、私の学生時代からずっと愛読していた、ジャズ専門誌
「スイング・ジャーナル」という月刊誌ですが、時代の流れか2010年
の7月号を最後に休刊したのですが、その最終号をアマゾン経由で、中古
品ですが、手に入れました。
f0152158_17105359.jpg

私にとっては、ジャズを聞く上で、バイブルの様な存在の雑誌でした。
レコード一枚買うのにも、その作品のレビューは、ひじょうに参考にな
りましたし、当時から実にかっこいい雑誌でした。
1947年創刊ですから、63年間もの長い期間、ジャズを日本に広め
た功績は大きいと思います。

最終号の表紙を飾ったのは、ジョン・コルトレーン・・・
最後までなんてかっこいいんだろう!

今は、「Jazz Japan」という後継的雑誌も出ていますが、表紙のレイ
アウトひとつとっても、「スイング・ジャーナル」の様な品格に乏し
く、ジャズ臭が伝わってこないので、どうも買う気がおきないでいま
す。


*カフェの本日のケーキは

*スイス風くるみのトルテ(生クリーム添え)
*チーズケーキ(ヴェネチア風)
*チョコレートケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2013-02-27 04:30 | ZAKKA・雑貨

Morango(苺)入荷しました

ブラジル、サンタカタリーナ農園の苺フレーバーを持つ、数量限定の
Morangoがやっと入荷しました。
f0152158_1140570.jpg

生産地は、標高870m〜1,000mのミナスジェライス州・マッ
タス・デ・ミナス地域で、生産者はヴィセンチ・ファリア氏です。
f0152158_1147439.jpg

f0152158_11475689.jpg

精製方法はナチュラル(非水洗式)で、ナチュラル特有のフルーティ
ー感にハッキリとした苺フレーバーを感じます。
f0152158_12112888.jpg

ローストは中煎りで仕上げました。甘い苺フレーバーとともに、ミル
クチョコレート、シュガーシロップ。メープルシロップ・・といった
フレーバーも感じとることが出来ますが、やはり、表現は苺だけで十
分です。
f0152158_12193231.jpg

「モランゴ(苺)」スウィートストロベリーは、商社の方が、偶然見
つけた、まさに一期一会のコーヒーです。
コーヒーファンの方々にぜひ味わっていただきたい一品です。


*カフェの本日のケーキは

*スイス風くるみのトルテ(生クリーム添え)
*チーズケーキ(ヴェネチア風)
*チョコレートケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2013-02-26 04:30 | *スペシャルティコーヒー

イルガチェッフェのフレンチ

まったくの個人的な嗜好で、エチオピアのイルガチェッフェG
-1をフレンチでローストしてみました。
さすがトップ・スペシャルティコーヒー、こんな深煎りでも、
最高の味わいを出してくれました。

f0152158_121291.jpg


フレンチですから、苦味が先に感じるのですが、口に含んでし
ばらくすると、ローズ、チェリー、バニラ・・といったフロー
ラルな甘さが広がります。
最初は、店頭での販売は考えていなかったのですが、きっとお
客様の中には、こんな味を求めている方もいらっしゃるのでは
ないかと思い、昨日から、少量販売ですが店頭に並べたところ
結構売れました。うれしいことです。

f0152158_12145279.jpg

f0152158_1215593.jpg

          *イルガチェッフェ村の女性と子供たち

これなら、定番商品にしてもいいかなと思っています。

*カフェの本日のケーキは

*スイス風くるみのトルテ(生クリーム添え)
*チーズケーキ(ヴェネチア風)
*チョコレートケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2013-02-25 04:30 | *スペシャルティコーヒー

BOSE Companion2 series II

売店のBGMはPCに取り込んだJAZZを貰いものの小さなスピーカー
で流しているのですが、どうも音質が良くないので、少し音の良い
スピーカーに買い替える事にしました。

アップルストアに問い合わせたところ、BOSE Companion2 series
IIがおすすめですよ・・と言われ、早速、そのスピーカーを購入する
事に決めました。

f0152158_1328593.jpg


これで少しはいい音でJAZZを流せそうです。

f0152158_1358048.jpg


営業時間中は、ピアノトリオやボーカルがメインですが、お客様がい
なくなったら、自分の本当に好きな、コルトレーンやマイルス、ドル
フィー、ロリンズ・・・たっぷり聞く楽しみが増えました。

JAZZって本当にいいですよ・・・

*カフェの本日のケーキは

*スイス風くるみのトルテ(生クリーム添え)
*チーズケーキ(ヴェネチア風)
*チョコレートケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2013-02-24 04:30 | 売店ニュース

コロンビア/Villa Fatima Typica

トリマ、カウカ、メタ等の著名な生産地と隣接するウイラ地方は
マグダレナ河が流れる山脈地帯に挟まれた谷合に位置しています
f0152158_16144086.jpg

南西地方の高い標高で育まれたこのコーヒーはその品質の高さが
有名であり、小規模生産者によって生み出されるウオッシュドコ
ーヒーはここでしか味わうことのできない、この上なく素晴らし
いフレーバーにあふれています。
f0152158_16152849.jpg

このフレーバーを生み出す2000mに近い高い標高のテロワールは
ウイラらしいアシディティーを生み出し、温暖に保たれる気温は年
間を通して頻繁な開花を促します。

また当地の秀逸な特徴の秘密は7エーカに満たない生産者たちが、
小規模故に家族で丹念に育てることに起因しています。
マイルドな酸質、花の様な風味が香り、美しい余韻を残す、アロマ
ティックなコーヒーをどうぞお楽しみください。

f0152158_16182216.jpg

カッピングの感想としては、チョコレートやヴァニラのような甘い
香りに加えフルーティな香りをはっきりと感じます。
また、マウスフィールがなめらかで非常に心地よく、 フローラルな
甘みも全体のバランスの中で十分に感じられました。

*グアテマラの2012'カップ・オブ・エクセレンス受賞豆、サン・
 アントニオ農園
が完売しました。どうもありがとうございます。

*カフェの本日のケーキは

*スイス風くるみのトルテ(生クリーム添え)
*チーズケーキ(ヴェネチア風)
*チョコレートケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2013-02-23 04:30 | *スペシャルティコーヒー

ERIC DOLPHYと私の青春時代とコーヒー

私は生まれも育ちも札幌なのですが、私の学生時代の趣味はと言えば
好きなジャズを聞く事でした。それは、今、このいい歳になってもか
わりません。

特に、大学時代は、ほとんど講義にも出ず、ジャズ喫茶に入り浸って
コーヒー一杯で何時間も過ごす毎日でした。これで、よく4年間で卒
業できたものです。いい時代でしたね・・

今の大学生は就職活動に一生懸命なのに、私はまったくそんな事考え
た事も無い、ただの不良学生でした。

先日、私のPCのiTunesに取り込んでいるリストをチェックしていたら
何と学生時代、それこそ耳にタコが出来る位聞き込んだ、ERIC DOLPH
YのFIVE SPOTでのライブ盤が入っているではありませんか。いつ取り
込んだのか記憶がまったくありませんでした。

嬉しくなって、店の閉店時間に合わせてボリュームを上げ、しばし聞き
入りました。

f0152158_7141446.jpg

*ERIC DOLPHY AT THE FIVE SPOT


最高でした!いっきに青春時代にもどりましたよ・・・

アルバイトで貯めたお金で、全国各地を旅したこと、その地その地のジャ
ズ喫茶で飲んだコーヒーの味・・・
今でも、鮮明に思い出されます。

もう何十年も昔の話しです。

私も歳をとりました。でも気持ちだけは、今も当時のままです。

「ジャズ喫茶」という言葉自体、もうすでに風化してしまい、今世代の若
い人たちにはぴんとこないでしょうが・・・


待っていたイームズのアートパネルがやっと届きました。
f0152158_13224822.jpg


これも嬉しい事です。

今日は、まったくの趣味の話しで申し訳ございませんでした。

*カフェの本日のケーキは

*スイス風くるみのトルテ(生クリーム添え)
*チーズケーキ(ヴェネチア風)
*チョコレートケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2013-02-22 04:30 | カフェ便り

ルワンダ・マラバ入荷です

ルワンダ共和国は四国の1.5倍ほどのアフリカの中央にある
小さな国です。
f0152158_1141277.jpg

美しい山並みに囲まれた大地は「アフリカのスイス」と称さ
れ、野生のマウンテンゴリラの生息地として知られるほど、
自然の多様性にも恵まれています。コーヒーは標高1350m
から2100mの高地で栽培されます。肥沃な火山灰土、適度
な降水量、一年中を通じて温暖な気候が、コーヒーチェリー
をゆっくりと成長、成熟させ、高品質のコーヒーの生産につ
ながっています。
f0152158_11395759.jpg

コーヒーの生産は 100 年の歴史があります。
2002 年国策で USAID の援助の下に、スペシャルティコーヒ
ー生産に転換し、小生産者によるコーヒー品質のバラつきを、
組合管理下移行による品質の安定化に成功しました。
現在 70 以上のウエットミルがあり、イギリス、またはケニア
製の生産処理ラインを使い、労働者の教育、スキルアップに努
めています。
f0152158_11415875.jpg

             *ルワンダの子供達

チェリーは農園で熟度差により選別され、水槽にてチェリーの
洗浄と比重選別により、未熟豆や不純物が除去されます。果肉
除去のあと 36 時間の醗酵、水洗、パーチメントの選別、そし
て再度 24 時間水に浸し、アフリカンベッドでの乾燥が行なわ
れ、そこで欠点豆がハンドピックされます。
乾燥は 14 日から 21 日間かかり、水分は 10.5% で仕上げられ
ます。
2007 年よりカップオブエクセレンスに参加し、近年はスペシャ
ルティコーヒーの生産国としてその名を高めています。
ルワンダのブルボンは、チョコレートやキャラメルを思わせる甘
さと、滑らかなマウスフィールが特徴的です。
f0152158_11422130.jpg

豆は、ブルボン種で少し小粒ですが、煎り上がりはきれいです。
ローストは中深煎りで仕上げました。

とても美味しいです。

*カフェの本日のケーキは

*スイス風くるみのトルテ(生クリーム添え)
*チーズケーキ(ヴェネチア風)
*チョコレートケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2013-02-21 04:30 | *スペシャルティコーヒー

こんな美味しいナッツ食べた事ありません

夜はビールのつまみにナッツをよく食べます。たいていはコンビニ
やスーパーで買ってくるのですが、今回、長年取引のある本州の問
屋さんから、特別にナッツもわけてもらいました。
「こんな美味しいナッツ食べた事ない・・」というのが私の感想で
す。
一人で食べているのはもったいないので、店頭でも販売することに
しました。
コーヒーや紅茶にも合いますよ。今度ぜひ食べてみて下さい。

f0152158_10574976.jpg
   
*マカダミアンナッツ(南アフリカ産)50g入 ¥300

f0152158_10493371.jpg

*カシューナッツ(ケニア産)50g入 ¥250

f0152158_10515370.jpg

*ピスタチオ・殻付きロースト(イラン産)50g入 ¥250

どれも塩味で、本当に美味しいです!

*カフェの本日のケーキは

*スイス風くるみのトルテ(生クリーム添え)
*チーズケーキ(ヴェネチア風)
*チョコレートケーキ
[PR]
by sarasa-kan | 2013-02-20 04:30 | 売店ニュース

沙羅茶館ケーキの紹介

カフェが一階に移設してからしばらくの間は、ケーキー類の
スイーツも無く、古くからのお客様には寂しい思いをさせて
きましたが、やっと充電期間も終わり、ケーキも出せる状況
になりました。
とりあえず、現在メニューと出している3種類のケーキを紹
介させていただきます。
f0152158_17261857.jpg

              *チーズケーキ

チーズはイタリアのマスカルポーネチーズを使った贅沢な味わ
いです。

f0152158_17314863.jpg

              *チョコレートケーキ

カカオ70%「エクァトゥール」。ダークチョコレートを使用
し濃厚感を出しました。大人のスイーツです。

f0152158_17392661.jpg

              *クルミのタルト

タルト生地に特製キャラメルソースとくるみを入れ焼きあげて
います。

今、試作しているのは美味しいバームクーヘンです。
これもいずれメニューにのせる予定です。
以上、よろしくお願い致します040.gif
[PR]
by sarasa-kan | 2013-02-19 04:30 | カフェ便り