沙羅茶館■sarasakan

sarasakan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 31日

11月のコーヒーと紅茶・・

明日からもう11月ですね。そろそろ雪もちらついてくるのを
覚悟しとかないと・・
私は、昨日、少し早いかなと思いながらも、車のタイヤ交換も
済ませてしまいました。

11月は、コーヒーも新しい物が続けて入荷してくる予定です
ニカラグアのカップ・オブ・エクセレンス豆を先頭に、マンデ
リンの上物、コロンビアのブルボン・・と月開けに集中して入
って来ます。
f0152158_14223869.jpg

ローストするのは楽しみなのですが、それと共に、商社の在庫
の関係で、終売になる商品も何点かあります。せっかく美味し
いコーヒーに出会えたかなと思っていた商品に限って、その傾
向にあります。やはり、スペシャルティコーヒーの市場は競争
が激しくなってきており、少々価格は高くても良い商品なら、
先に買った者勝ちといった状況が続いています。
また,紅茶では、インド・マカイバリ茶園のオータムナル(秋
摘み)が、予定では11月中旬に入荷してきます。私の好きな
秋摘みダージリンですので、こちらも楽しみにしています。
f0152158_14222611.jpg

今、カフェの大きな窓から見ると、次から次へと枯れ葉が舞っ
ていますが、そのうちすぐに雪に変わっていくのでしょう・・
これからが、本当にコーヒーも紅茶も美味しい季節になります
私も、しっかりとした品質の商品を、できるだけ多くのお客様
に楽しんでもらえる様に、頑張って仕入れして行くつもりです

by sarasa-kan | 2012-10-31 05:00 | 売店ニュース
2012年 10月 30日

インドのマルチカバー入荷

インドから独特の絵柄のマルチカバーが入荷しています。
素材は、しっかりとしたコットンで、寸法は140cm×2
20cmと大きく。ソファーカバーやシングルのベッドカバ
ーとしても、十分使えます。
アイデア次第では、部屋のインテリアとしていろいろ使い道
がありますよ。
私も,一応全柄チェックしてみましたが、どれも,落ち着い
た色使いで、これなら、年齢層に関係なく気に入ってもらえ
そうな気がします。
f0152158_13165461.jpg

f0152158_13172049.jpg

               *各色 ¥1980

また,私のおすすめとしては、インドネシアの素焼きのロン
ボク焼きに、プリメイラの花をモチーフに作られたキャンド
ルがあります。
オブジェとして,玄関やリビングに置いてもぴったりの商品
です。火をつけるのがもったいない様な出来具合です。
f0152158_13182261.jpg

f0152158_13184391.jpg

                 *各 ¥525

by sarasa-kan | 2012-10-30 05:00 | ZAKKA・雑貨
2012年 10月 29日

やわらかな灯り

食事の後片付けも終わり、静かになった、夜のひととき、コー
ヒーや紅茶をゆっくりと楽しむ為に,少し部屋の雰囲気をかえ
てみてはいかがでしょうか・・
好きな音楽でも流し、お気に入りのコーヒーや紅茶を一杯・・
最高の贅沢ですね。
私も、できるだけ一日の終わりには、そんな時間をつくる様に
しています。
今回、そんな部屋づくりに、一役かいそうな、照明器具を何点
かご紹介させて下さい。
店でも販売していますので、今度ご来店の際には,現物をぜひ
一度見て見てもらえると嬉しいのですが・・・
間接照明のやさしい光りは、キャンドルとはまたひと味違う魅
力的な灯りですよ。
インドネシアの製品ですが、電球やコードは日本仕様になって
います。
f0152158_11194446.jpg

*ココナッツ貼り合わせ壁掛けランプ  ¥3980
f0152158_11271319.jpg

*ジャカの木とバンブーで作られた壁掛けランプ ¥2480
f0152158_1133088.jpg

*バンブー編み込み置き型ランプ ¥3980

by sarasa-kan | 2012-10-29 05:00 | ZAKKA・雑貨
2012年 10月 28日

ちょっとしたプレゼントに・・

コーヒーや紅茶の好きな方に、ちょっと、手土産程度にお持ち
していただくのにちょうど良い、箱入りの組み合わせを考えて
みました。
ひとつは、ブラジルの一番摘みブルボン・クラシコとホンジュ
ラスのカップ・オブ・エクセレンス豆、エル・グアカラル農園
が各100gの組み合わせはいかがでしょうか。どちらも,今、
当店ではひじょうに人気の高い豆です。コーヒー通の方にも自
信をもってお薦め出来る商品です。
f0152158_1638337.jpg

         *袋の口はヒートシールをかけ密封してあります

一方、紅茶のお好きな方向けには、インド・マカイバリ茶園
オーガニック・ダージリンに、ティーキャディースプーンを添
えてプレゼントするのはいかがでしょうか。スプーンにはきれ
いな模様が彫られているので、きっと喜ばれると思います。
f0152158_1623765.jpg


その他にも、組み合わせは自由にできますので、遠慮なくお申
し出下さい。

コーヒーのニュースですが、ニカラグアの、今年のカップ・オ
ブ・エクセレンス受賞豆が近日中に入荷してきます。オークシ
ョンロットの為、少量になりますが,何とか、今回も手配でき
ました。皆様にご紹介できる日が楽しみです。

by sarasa-kan | 2012-10-28 05:00 | *スペシャルティコーヒー
2012年 10月 27日

マンデリン・トバコをローストしてみる

昔はよく使っていたマンデリン・トバコですが、私には、少し
味に不安定さが感じられ、それからは、使わなくなった豆です
良い時は本当に美味しいマンデリンで、特有のフレーバーがあ
り魅力的な豆でした。
f0152158_1743342.jpg

           *コーヒー豆のハンドピック風景

今回は、11月に新しい素晴らしいマンデリンを入れる予定な
ので、それまでのつなぎ・・と思い、昔を思い出して、少しの
間、使ってみることにしました。
栽培地区は、現在使用しているシボルガとだぶるとこがあるの
ですが、今回のトバコは、良い状態の時の味に近く、適度な苦
味とコクがあり、これはこれでいいのかな・・・という印象で
す。マンデリンファンの方にも、十分満足してもらえる豆だと
思います。
f0152158_1744690.jpg

                 *トバ湖

栽培地区のTOBA高原とその周辺は、肥沃なことで昔から知
られており、この地域は今でも活発な火山地域であります。T
OBA高原は、今のTOBA湖の周辺の地域をさします。この
地域の土地が肥沃であることは、1000年前のTOBA山の
噴火と密接に関係しており、TOBA湖はこの時の噴火によっ
てできました。
f0152158_17441395.jpg


by sarasa-kan | 2012-10-27 05:00 | *スペシャルティコーヒー
2012年 10月 26日

一度は飲んでみたいコピ・ルアック

先日、「最高の人生の見つけ方」という映画をレンタルして観ました。
ジャック・ニコルソン扮する大富豪のエドワードとモーガン・フリーマ
ン扮する自動車工カーターは、どちらも余命6ヶ月と宣告され、二人で
死ぬ前に、やり残した事を実現させる冒険の旅に出る・・というような
内容の映画でしたが、とても心あたたまる良い映画でした。
f0152158_17215369.jpg

米国では2008年に公開され、興行収入第一位を取った作品でもある
というのは後で知りました。

私が一番興味を持ったのは、以前ブログでも紹介した「かもめ食堂」
も出て来たコーヒー、幻のコピ・ルアックが、富豪エドワードが愛飲し
ているコーヒーだったと言うのには、偶然で驚きでした。
入院している病院にまでサイフォンを持ち込み、コーヒーを楽しんでる
姿は、入院した経験のない私でも分かる様な気がします。

また、病院に持ち込まれたサイフォンも、高級そうな木箱に入った、ま
ず日本ではお目にかかれない、天秤式(?)のクラシカルなサイフォン
で、よくこんな小道具を見つけてきたな・・・というへんなとこで感心
させられました。
f0152158_17223260.jpg

 *映画に使用された物ではありませんが、映画のはもっと高級感が
  あり、木箱にセットされていました。

また、一方のカーターは物知りで、コーヒーの起源説の話しや、コピ・
ルアックコーヒーとは、どういうコーヒーなのかと言う事を、エドワー
ドに教えるあたりのシーンは、コーヒーを扱う者にとっては、面白かっ
たですよ・・

私は、二度もコピ・ルアックにまつわる映画を観たので、これは、「お
前も飲んでみろ・・」と言う事かなと思い、取引商社に見積もりだけは
取ってみたところ、やはり、驚きの価格でした。新しく、ジャワ島のコ
ピ・ルアックも入荷していましたが、富豪エドワードにでもならないと
手が出ませんね。
f0152158_6575468.jpg

        *商社に新しく入荷したジャワ島のコピルアック

コピ・ルアックについては「かもめ食堂」で説明しているので、ここで
は書きませんが、確かに、私にとっても幻のコーヒーです。

飲んでみたい方がいたら、私まで声をかけていただくか、メール下さい
当店で販売するとしたら、いくらで販売するかだけの価格設定はしてい
ます。

by sarasa-kan | 2012-10-26 05:00 | *スペシャルティコーヒー
2012年 10月 25日

沙羅茶館はお客様に支えられている・・

34年間も営業していると、自分では忘れてしまっていた事や、時
代とともに変化していかざる得ない、店の営業形態の話し等が、偶
然にも、この2、3日の間に、古くからのお客様から、聞かされた
のが重なりました・・・

お一人はSさんという札幌のお客様で、30年も前から、私用で旭川
に来た際は、必ずコーヒーを飲みに立ち寄ってくれていました。3年
程前には当時2階がまだカフェであった頃の、懐かしい「沙羅茶館」
の写真等を使い、ご自分で、スライドショーを作ったりしてくれてい
ました。上の「沙羅茶館」をクリックしていただくと、Sさんの作品
がご覧になれます。(写真集もあります。スライドショー上の沙羅茶
館をクリックして見て下さい)

Sさんは、2階のカフェの雰囲気がとても気にいってくれていました。
今は、1階だけになってしまった事を、とても、残念がっておりまし
た。

もう一人は、北見のTさんで、やはり30年も前、当時学生さんだった
頃、当店のコーヒーが好きで、北見に帰る途中には必ず寄ってくれてい
たらしいです。
当時、当店で初めて作製した、ノリタケ製のロゴ入のカップも2客購入
してくれていたらしく、一客はまだ大切に取っているよ・・・とおっし
ゃり、メールにカップの写真まで添付して送ってくれました。

ノリタケの商品なので、当時としては決して安い買い物ではなかったは
ずです。
このデザインのカップは、当店には一客も残っていないので、とても懐
かしく写真を見ていました。
f0152158_1214148.jpg

今、自分なりに考えると、沙羅茶館がこうして今でも続けられているの
は、決して自分の力ではなく、こうした、お客様一人ひとりに支えられ
ていたからこそだと思うのです。
ありがたくもあり、嬉しくもあります。
本当にありがとうございます。

by sarasa-kan | 2012-10-25 06:40 | 沙羅茶館の歴史
2012年 10月 24日

インドの手染めの布

インドの職人さんが、一点一点手づくりしたテーブルクロスです。
美しい手染めのグラデーションが、落ち着いた雰囲気を醸し出して
います。
f0152158_1442946.jpg

試しに壁にかざってみると、これがまたいいのですよ。派手すぎず
地味でもなく、部屋のアクセントにちょうどいいのではないでしょ
うか。
f0152158_135439.jpg

沙羅茶館では、昔から、インテリアやテーブルセンターとしてイン
ドの布物をよく使っていました。
中には、キラキラしたミラー刺繍のした布もありましたが、やはり
個人的には、シンプルな布が好きです。
f0152158_13575017.jpg

*左からターコイズ・カーキ・ネイビーMIX 各色¥1480

by sarasa-kan | 2012-10-24 05:00 | ZAKKA・雑貨
2012年 10月 23日

今、キャンドルの灯りがいい

いい歳をしてと笑われるかもしれませんが、今、ちょっとキャンド
ルのやさしい灯りにはまっています、
店を閉めて帰宅する前に、気分転換に、その日ローストした豆の試
飲もかねて、コーヒーを一杯飲むのが習慣になっています。
f0152158_16401846.jpg

            *ティーライト電子キャンドル ¥315
     *火を使わないキャンドルですが、ぽやぽやと本物っぽい動きをします

店の照明を少し落とし、キャンドルを灯し、好きなジャズを聞きな
がら飲むコーヒーは、自分ながら最高の贅沢です。
昼間、あれだけいろんなコーヒーをカッピングしているのにもかか
わらず、雰囲気が変わればコーヒーの味も微妙に違って感じられま
す。不思議ですね・・・
f0152158_16382956.jpg

             *暗くするとこんな感じです

今は、ロータスの花をモチーフにカピス貝で作られたキャンドルホ
ルダーにキャンドルを灯し、少しだけ、幻想的な時間を過ごしてか
ら家にもどる生活です。私の一日の締めくくりです。
f0152158_16391661.jpg

          *カピス貝のキャンドルホルダー  ¥1480

沙羅茶館は、決して雑貨屋さんになった訳ではないので誤解なさら
ないで下さい。自分で実際に使ってみて、好きな物を何点か店にも
置いているだけにすぎません。
コンセプトは、あくまでもコーヒーや紅茶を美味しく楽しむ為の、
ちょっとした小道具ですかね・・・

今度、店にご来店の際には、ちょっとそれらも見てやって下さい。
お客様にも喜ばれるグッズがあれば嬉しく思います。

by sarasa-kan | 2012-10-23 05:00 | ZAKKA・雑貨
2012年 10月 22日

映画「かもめ食堂」とコピルアック・コーヒーの関係

2006年製作の映画で、観た方も多いと思いますが、実はこの映画、
コーヒーに携わる者にとっては、封切り当時から秘かなブームを呼び、
今でも、業界の者にとっては、観ておくべき映画の一本とも言われてい
ます。
フィンランド・ヘルシンキを舞台とした「かもめ食堂」に集まる人間達
の、ほのぼのとしたストーリーの映画で、面白く観る事が出来ましたが
それに加え、コーヒーを生業とする私にとっても、意味深いシーンがた
くさん出て来ます。
f0152158_1024839.jpg

中でも、映画の中のシーンで主人公のサチエさんが唱える「美味しいコ
ーヒーのいれ方は、『コピ・ルアック』」というおまじないを覚えてい
る方もいらっしゃることでしょう。
コピルアックとは、幻のコーヒーとまでいわれる、インドネシア産のマ
ニアックなコーヒーで、ヨーロッパでは、ひじょうに人気のある希少価
値の高いコーヒーです。

ジャコウ猫がコーヒーの実を餌として食べ、種子にあたるコーヒー豆(
パーチメントの状態)が消化されずに排せつされます。それを、現地の
農民がその排せつ物からコーヒー(パーチメント)を取り出し、きれいに
洗浄したものが「コピルアック」なのです。

少量しかとれないので、価格も、もちろんとても高価です。私はとても手
が出せませんし、同業者が競って買ってしまうので、一般的な市場には、
なかなか流通しない豆です。
f0152158_12351146.jpg

当店の取引商社でも、この間、1キロの袋に入ったコピルアックが25袋
入荷したらしですが、すぐにマニアの手に渡ってしまうでしょう・・・

それと共に、私が興味深く観たのは、この映画で使われていた、コーヒー
をいれる器具やカップ、メニューに使用されていた食器、調理などに使わ
れていた道具類もいかにも北欧、フィンランド・デザインらしさが伝わっ
てきて欲しい物がたくさんありました。
何でも、この映画には「イッタラ」、「マリメッコ」などのフィンランド
の有名ブランドが、プロダクト・プレイスメントとして映画に一役かって
いるらしいですね。
食器や道具類も「かもめ食堂」で使われていたものは魅力があります。





by sarasa-kan | 2012-10-22 05:00 | コーヒー・紅茶道具