沙羅茶館■sarasakan

sarasakan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 31日

今年のベストオブパナマ受賞豆/カフェ・ランダウ入荷

待ちに待った今年のベストオブパナマ受賞豆、カフェ・ラン
ダウが昨日入荷しました。
本年度のベストオブパナマ品評会は、トラディショナル(従
来のウォッシュド)部門、ナチュラル部門、ゲイシャ(ウォ
ッシュドのみ)部門と3つに分かれて構成されており、この
カフェ・ランダウは、見事トラディショナル部門で受賞を果
たしました。

カフェ・ランダウは、海抜3400mとパナマで最も高いバル
火山の東側、ボケテ地区に位置しています。ボケテ地区は標
高が高く、火山性土壌を有し、規則的な雨量と適度な湿度と
いった最高の条件が揃い、高品質なコーヒーを生産するエリ
アとして有名な地域です。 カフェ・ランダウは、昨年に続き
Best of Panamaを受賞し、名実ともに高品質なコーヒーを
育てる農園として国内外で評価されています。

早速、ローストしカップテストしました。素晴らしいアロマ、
ナッツやチョコレートのような香味と、クリーミーな口当たり
が一体となり、ひじょうに心地良い味わいのコーヒーです。感
動しました。

オークション品で、輸入数量もごくわずかの、コーヒーでした
が、何とか当店でも手に入れる事のできた、貴重なコーヒーで
す。ぜひ皆様にもこの美味しさを味わっていただきたいと思い
ます。
f0152158_5264966.jpg

f0152158_5272657.jpg

         当店のコーヒー袋に貼られるオリジナルシール  
f0152158_5334961.gif
 
*Best of Panama 2012とは
Internet Auction Best of Panama 2012とはSpecialty Co
ffeeAssociation of Panama主催でSCAA(アメリカスペシャリ
ティーコーヒー協会)の採点フォームを使用し、パナマの2012
コーヒーを決める品評会です。国内審査、そして消費国のカッ
プテイスターを交えた国際最終審査にて選ばれたコーヒーのみ
が今回『ベスト・オブ・パナマ2012』を受賞しオークション
で落札されました。パナマではほとんどが小農園ということも
あり、受賞したものは極めて品質が高く選りすぐりの良いとこ
ろだけを厳選されたコーヒーです。

本日より販売開始します070.gif      

by sarasa-kan | 2012-08-31 05:52 | *オークション受賞豆
2012年 08月 30日

沙羅茶館の歴史・1979年当時の雑誌が出て来ました

店の中を整理していたら、開店当時の沙羅茶館が紹介されてい
る、ある建築雑誌が出て来ました。開店してからもう34年も
たつのか・・としみじみ掲載されている雑誌のページをながめ
ていました。

店の設計は、札幌の建築家、倉本龍彦さんに頼み、店の案内状
やメニュー、マッチなどのデザインは倉本さんの奥様が担当し
てくれました。今ではすっかり有名になられた倉本さんの初期
の建築作品です。

当時は、2階が喫茶店、1階は焙煎室と住宅になっていました
周囲には建物らしきものは何も無く、寂しい場所でした。そん
な何も無い荒れ地の、僻地な場所に沙羅茶館はポッンと建って
いました。まだ住所表示も東鷹栖と呼ばれていた時代です。

今では周囲には、いろんな建物や遊技場まででき、すっかり店
が埋もれてしまいました。開店当初から来ていたお客様も、店
の場所が分からなくなり、通り過ぎてしまうくらいです。時代
は変わるものだと痛感しています。

喫茶のインテリアは、北欧スウエーデンの家具メーカーである
イノベーターの椅子や、大小のワイヤーボックスで統一され、
そこに花やグリーンを飾り、今思えば、当時としては、なかな
かおしゃれな店でした。

よく皆から、こんな場所で、食事も出さず、コーヒーだけで商
売ができるのかと、心配やご忠告もいただきましたが、今まで
何とか細々とでも、潰れずに営業してきました・・
自分では、カフェの原点はこんな店だと思ってもいます。

これからも、一人でも、沙羅茶館のコーヒーファンがいる限り
店は続けて行かなければいけないと、改めて思う今日この頃で
す。
f0152158_457299.jpg

f0152158_4573863.jpg

f0152158_4581487.jpg

       写真は1980年発行「別冊商店建築・秀作喫茶店第2集」より
       雑誌も古くなり、写真も色あせていますがご勘弁を・・・

by sarasa-kan | 2012-08-30 05:03 | 沙羅茶館の歴史
2012年 08月 29日

イームズの椅子は美しい。

私が個人的に大好きな、イームズの椅子ですが、最近では
この椅子がひじょうに安く販売されているのを見て驚きま
した。
カフェ椅子として若い方には人気の高い商品です。
私のは、かれこれ25年以上前に購入したハーマンミラー
社製造の正規品で、椅子の裏側にはハーマンミラー社のロ
ゴマークが刻印されているビンテージ物です。

ところが、今では、いろいろなショッピングサイトでイー
ムズの椅子が、ジェネリック(又は、リプロダクト)製品
として流通しています。
時代の流れでしょうかね・・

それでも、イームズのデザインの美しさに変わりがないの
で、文句は言えませんが・・・

icon
icon

(*詳細は画像をクリックして見て下さい)

座り心地はともかくとして、私はやはり高くても、正規品
の方をお薦めしておきます。
何せ、お気に入りの椅子一脚でも一生物だと思うのです。

f0152158_5425046.jpg

icon
icon      
 椅子の裏側にはハーマンミラーのロゴが刻印されているビンテージ品です

by sarasa-kan | 2012-08-29 05:31 | ZAKKA・雑貨
2012年 08月 28日

Kalita 手挽きコーヒーミル ダイヤミル

ダイヤミル

f0152158_6251541.jpg

カリタの総合カタログからも消えて無くなってしまっていたダイヤミ
ルでしたが、アマゾンで販売が続いていました。
当店でも手挽きのミルで性能のいい物となると、このダイヤミルを3
0年間あまりで、何十台販売したかわかりません。赤と黒があって、
当店では赤を購入するお客様の方が多かった記憶があります。鋳物で
職人さんの手づくりの為に、いつしかカタログには掲載されなくなっ
たのかも知れませんね。デザイン的にも手挽きのミルの中では、重量
感があって、インテリアにもなり、使い勝手もひじょうに楽なミルで
す。それに加え、故障がほとんど無いのがいいですよ。当店で購入し
た方からの苦情もほとんど聞いた事がありません。皆さん何十年も大
事に使用しているのでしょう。販売した私としても嬉しくなります。
手挽きのミルをお捜しのお客様にはイチオシのミルです。

by sarasa-kan | 2012-08-28 06:26 | コーヒー・紅茶道具
2012年 08月 27日

旅のおみやげ

昔、まだ若かった頃には、エスニックな場所を好んで旅もしま
したが、今はそんな元気もありません。インド、ネパール、北
アフリカやイスラエル・・どこもコーヒーとは直接関係のない
場所ばかりでした。
唯一、ブラジルだけは、まだ下坂農園があった縁で、コーヒー
農園の視察をかねて行ったのが思い出としてあります。
それでも、やはり今でも体力さえあれば、行きたいのはインド
方面でしょうかね・・・
旅に出て一番面倒くさいのは、家族やお世話になった人に買う
おみやげです。たいていは、その国のバティークやタペストリ
ーといった布物が多かったです。軽いので何枚買っても邪魔に
なりませんでした。それに加え、インドではお香も欠かせませ
んでした。何の事無い安いおみやげでした。

f0152158_4591939.jpg

            エルサレムのメインストリート
f0152158_4594547.jpg

              エルサレムの旧市街
f0152158_501049.jpg

              チュニジアのパン屋さん
f0152158_504199.jpg

       

by sarasa-kan | 2012-08-27 05:13 | 旅の記憶
2012年 08月 26日

シッチオ・ベラ・ビスタ(Late Harvest)が好評です

先日、ご紹介したばかりの、ブラジルの今年のカップ・オブ・エ
クセレンス入賞豆、シッチオ・ベラ・ビスタが好評で、当店割当
の在庫も少なくなってきました。
私個人としては、ブラジルはいつももう少しロースト度合いを上
げるのですが、この豆は、豆の持つ甘味を引き出す為に、ロース
トは、いつもより若干浅めにしました。豆の特性が出せたのでは
ないかな・・と思っています。誰が飲んでも美味しいと感じるコ
ーヒーに仕上がっていればいいのですが・・ぜひ皆様にも飲んで
いただきたいコーヒーです。
何せカップ・オブ・エクセレンスは一年に一度のオークションで
すし、来年はどこの農園が入賞するか、今から予想はできないと
ころが楽しみでもあるのですが・・
f0152158_5563444.jpg

f0152158_557049.jpg

                農園の風景
f0152158_675273.jpg


by sarasa-kan | 2012-08-26 06:04 | *オークション受賞豆
2012年 08月 24日

裏庭に照明を取り付けてみました

これからの季節、日の暮れるのもだんだんと早くなって行きま
すね。カフェの部屋から見る庭(?)も暗くなってくると寂し
い感じがします。
そこで、手作業で照明器具付きの柱を立ててみました。見栄え
はまずまずの出来です。自己満足ですが・・・
f0152158_5495074.jpg


by sarasa-kan | 2012-08-24 05:50 | カフェ便り
2012年 08月 23日

セラミックブロックの補修

当店の建物も、築34年近くになると、あちらこちらガタがきてい
ます。当店は、外観がレンガに似たセラミックブロックで出来てい
ますが、やはり、ブロックもひびがはいったり、欠けたり・・とだ
いぶ傷んできています。
困った事には、今では、このセラミックブロックを製造していた会
社は生産を止めてしまっていて、補修するにも、同じ素材ではでき
なくなってしまった事です。
とりあえずは、そのままにしておくのも限界があったので、左官屋
さんに頼んで、モルタルで、欠けた箇所をうめてもらう事にしまし
た。モルタルだけでは何だか味けないので、所々に、ビー玉を埋め
込んでもらったところ、アクセントにもなり、なかなか気にいって
います。
当店に来店の際は見てやって下さい。
f0152158_6423182.jpg

f0152158_6424282.jpg


by sarasa-kan | 2012-08-23 06:43 | カフェ便り
2012年 08月 22日

フレンチプレスを試してみました

f0152158_5125217.jpg

以前から気にはなっていた、フレンチプレス
を試しに購入してみました。北欧デンマーク
のキッチンブランドbodumのKENYAです。

少し粗挽きのコーヒーを人数分入れ、90°〜95°位のお湯を注いで
4分位待ってからプレスするだけの、簡単な仕組みのコーヒーメーカ
ーです。
試飲した感じでは、ペーパードリップと比べても遜色の無い味わいで
した。使いなれると、結構自分好みの味が出せる、重宝なコーヒーメ
ーカーかも知れません。コーヒーの味も国や産地の違いがストレート
に出るので、いろんなコーヒーを楽しんでみるのにもいいかも知れま
せんよ。実際にプロの世界でも、コーヒーのテイスティングに使用し
ている方もたくさんいらっしゃいます。
ただ、一杯めはいいとしても、2杯めはどろっとしたコーヒー液が出
てきます。それを気にしない方には、いいかもしれませんが・・・
私はどうも苦手です。
昔、ベトナムで飲んだコーヒーの感じです・・・

by sarasa-kan | 2012-08-22 05:23 | コーヒー・紅茶道具
2012年 08月 21日

ブラジル/カップ・オブ・エクセレンス入賞ロット入荷

2012年3月に、ブラジルで初めての、ナチュラル精選だけの豆を
対象としたオークションが開催され、今回ご紹介するシッチオ・ベラ
ビスタ(Late Harvest)が見事カップ・オブ・エクセレンスで入賞す
ることができました。当店にもわずかの量ですが回ってきました。
農園のある南ミナス産のブラジルを取り扱うのは本当に久しぶりです

蜂蜜のような完熟味のあるフルーティーな甘さとアロマ、ナチュラル
ならではの深みのある飲みごたえが楽しめます。
オークションロットですので、数量限定販売となります。
f0152158_684235.gif

f0152158_695299.jpg

f0152158_6103484.jpg

   受賞を喜ぶ農園のジャルパス・クレト・ロペス ファミリー

by sarasa-kan | 2012-08-21 06:17 | *オークション受賞豆