沙羅茶館■sarasakan

sarasakan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:LIVE情報( 104 )


2016年 02月 20日

「Romantic 3 Live in Sarasakan」完売

Sarasakan Jazz Friendsとしては第一回目のライブとなる
「Romantic 3 Live in Sarasakan 」チケット完売しました
どうもありがとうございます。
これからも、不定期ですが、このイベントは継続して行きま
す。ただ、あくまでもこれは私の趣味の世界なので、誰でも
いいというわけではなく、沙羅茶館がチョイスし、皆様にも
喜んでいただけると思うものだけにして行きたいと考えてい
ます。

f0152158_6115076.jpg


*只今、Sarasakan Jazz Friendsになっていただける方を
募集中です。
Jazzに興味のある方は下記までお知らせ下さい。
新しいライブ情報を優先的にお知らせします。

Tel:0166-57-4405 携帯090-8276-9941(田中)
Mail:sarasakan@camel.plala.or.jp

*尚、当店はカフェですので、ホールやイベントの為の貸し出しは一切しており
ませんのでご了承下さい。

f0152158_4271191.jpg


by sarasa-kan | 2016-02-20 06:20 | LIVE情報
2016年 02月 17日

「Romantic 3 Live in Sarasakan」席数増やしました

Sarasakan Jazz Friendsとしては第1回目の企画ライブとなる
「Romantic 3 Live in Sarasakan」ですが、チケット発売から
10日間で、当初予定していた枚数は完売となりました。どうもあ
りがとうございます。
それで、せっかくの機会ですので、少し窮屈になるかもしれませ
んが、急遽、席数を少し増やす事にしました。
その席数にも限りがありますので、興味がある方がいらっしゃれ
ば、ぜひ早めにご予約いただければうれしい限りです。
どうぞよろしくお願い致します。
Tel:0166-57-4405(田中まで)
*写真は、かなり前になりますが、当店で開催したトリオのライ
ブ風景です。

f0152158_5262629.jpg


f0152158_4271191.jpg


by sarasa-kan | 2016-02-17 05:25 | LIVE情報
2016年 02月 16日

Romantic 3 Live-古館賢治

今回のメンバー古館賢治さんの最新アルバムも好調な売れ行きです。

ポップスにジャズをブレンドした音楽は北海道のアーティストらしい大きくて、暖か
い。アルバムタイトルになっている「すきとおったほんとうのたべもの」は宮沢賢治
の注文の多い料理店からの引用。
宮沢賢治が描いた世界と古舘賢治の音世界がリンクしたとき、目の前に広がる大きな
風景はきっと皆さんの中に深く溶け込んでいくはずです。
「わたくしは、これらのちいさなものがたりの幾きれかが、おしまひ、あなたのすき
とほつたほんたうのたべものになることを、どんなにねがふかわかりません。」と、
宮沢賢治は注文の多い料理店序文で述べました。
創りたい気持ちに正直に生み出したものが、受け手にとって何かしらプラスになりま
すように、というモノづくりの心を表した名言が序文にあります。賢治の名を頂いた
僕も、この気持ちで曲を創りました。どうぞお聴き下さり、お楽しみ下さり、「すき
とおったほんとうのたべもの」になれますように。
(Amazon Musicより抜粋)

もちろん、今回のライブでもこのアルバムの収録曲も歌ってもらうようにリクエスト
してあります。

f0152158_3383037.jpg


f0152158_4271191.jpg


by sarasa-kan | 2016-02-16 03:40 | LIVE情報
2016年 02月 09日

「Romantic 3」Live in Sarasakan

f0152158_5235415.jpg


伊藤 元直(ts)
北海道大学ジャズ研究会所属時代から、札幌市内にて演奏活動を開始。
福井良、福井良則両氏に師事。
2008年、「Romantic 3」を結成し、道内各地で演奏活動中。Sapporo
City Jazzの企画CDにて、同バンドでレコーディング。
2013年から始まったSapporo City Jazz Ambitious(SJA)のプロジェ
クトにて、渡辺貞夫氏、David Matthews氏と共演。

古館 賢治(g&vo)
高校時代、矢野顕子さんに衝撃を受け音楽にのめり込む。大学進学後、
軽音楽部に入部。ジャズを山崎英夫氏に師事。現在、札幌を中心に、幅
広くライブ・コンサート・レコーディングを行っている。
2006年6月ソロでのシングルCD「up the wind」を発表。
同年、フジテレビ昼ドラ「紅の紋章」劇中曲にギターで参加。2004年
〜2008年5月までJR-towerホテル日航札幌35F「sky-j」にて演奏。
2009年8月、日本作編曲家協会(JCAA)主催の「シネマトラック」コン
サートにアコースティックギターで出演。
2010年〜15年、寺嶋民哉音楽監督のもと「スクリーンミュージックの
宴」にギターで参加。2013年1月、初のオリジナルアルバム「すきとお
ったほんとうのたべもの」発表。15年3月、First Call Recordingsより
タワーレコード・Amazon等で、アルバム全国流通開始。

橋本 眞秀(g&arr)
ジョージ川口トリオのギタリスト、尾藤イサオの専属Gutarist兼ステ
ージ・アレンジャーなどを務める他、森進一のバック・ギタリストとし
て活動。
「GUITER MAGAZINE」創刊時から数年間メインライターとして活躍。
Jim Hall,Pat Metheny 本人が監修した採譜本、コード・ブックなど十
数冊を執筆。MARSER HASSY ORCHESTRAを立ち上げ現在活躍中。
最近では、歴史的なドラマー、ピーター・アースキンに勧められ渡米し、
自身の作品を製作中。

f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg

by sarasa-kan | 2016-02-09 06:01 | LIVE情報