カテゴリ:*スペシャルティコーヒー( 276 )

ニカラグア リモンシリョ パカマラ ピーベリー

今やプライベートオークションが行われるほど世界中でその品質が認められているエ
ルウィン・ミエリッヒ氏の農園。現在は、ホンジュラスにも農園を構え、国内には8
つの農園を所有しています。また、マダガルパにドン・エステバン・ドライミルを所
有、COEのヘッドジャッジの経験も持つエルウィン氏。名実ともにニカラグアを代表
するスペシャルティコーヒーを生み出している人物です。
f0152158_1434224.jpg

リモンシリョウは、熱帯雨林を髣髴とさせる山奥の山林に位置しています。美しく管
理された木々や竹林、コーヒーの佇まいは、あたかも庭園のような趣き。シンボルと
もいえる滝からもたらされる豊富な水資源と湿度がこの農園の特徴的なテロワールで
ある。
f0152158_14345576.jpg

f0152158_1436980.jpg

この農園はエルウィンの父が1930年代に購入し現在のリモンシリョウ農園となって
います。
f0152158_1435455.jpg

ジューシー、ライムといった非常にフレッシュな印象のカップでした。大粒品種のピ
ーベリーなので焙煎が難しいという印象を受けました。

f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg
[PR]
by sarasa-kan | 2016-03-22 05:06 | *スペシャルティコーヒー

グアテマラ ペニャ・ロハ

久しぶりにいいグアテマラを見つけました。
f0152158_3135210.jpg

ペーニャロハ生産者組合は、71人の小規模のコーヒー生産者によって形成されて
おり、全中米中での非火山最高峰を有するウエウエテナンゴ(Huehuetenango)
市に位置します。このエリアにて生産されるコーヒーの特徴としては、心地よいワ
インのような上品な酸味と、芳醇な香り、スッキリとしたコク等が挙げられます。
グァテマラでは2005年に2回のQオークションが開催されましたが、ペーニャロハ
生産者組合は2回とも受賞され、ウエウエテナンゴ地区でも最高のコーヒー生産者
組合のひとつに挙げられます。
f0152158_312299.jpg

 同組合が位置するリベルター地域はカップオブエクセレンスでも入賞歴のある数々
農園あります。 気候・土壌ともにコーヒーを栽培するには最適だといえます。
f0152158_3163448.jpg

生産者達はそれぞれウェットミルを持っており、山から得られる新鮮な水で処理をし
た後、組合が所有するドライミルへチェリーを持ち寄って精選をします。組合の結束
力は非常に固く、また皆勤勉で、環境対策にも力を入れており、土壌保護、水の再利
用、有機肥料等を用いて自然と調和した農法で朝早くから、晩遅くまで作業が行われ
ます。各生産者のコーヒーへの熱意と愛情が詰まっています。 

f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg
[PR]
by sarasa-kan | 2016-03-11 03:10 | *スペシャルティコーヒー

ルワンダ ココ・ウォッシングステーション入荷

ココ ウォッシングステーションを取り巻く小規模生産者のロットはスペシャルティー
コーヒーの栽培に理想的なマイクロクライメットと良好な生産性をそなえ、当地区のコ
ーヒーはクオリティー、サステナビリティーを高次元で両立しています。ケニアにせま
る大粒のスクリーンと欠点の少なさはまさに秀逸で、ルワンダのフレーバー個性的なキ
ャラクターを見事に表現しています。
f0152158_2261115.jpg

この農協では常にCOE84点をコンスタントにクリアする品質管理と経験に裏打ちされ
たカッピングによって運営されています。
f0152158_2264333.jpg

f0152158_2271150.jpg

思わずハッとするほど明るい風味に溢れています。フレーバーは、ライムやレッドアップ
ル、ピーチなど多様なフレーバーを感じ、クリーンカップに優れた素晴らしいコーヒーで
す。

f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg
[PR]
by sarasa-kan | 2016-03-01 03:17 | *スペシャルティコーヒー

ムニール・モカ再発売

旧北イエメンの優良産地、上ヤーフェで収穫される高品質なコーヒー。
ミディアムにローストして、モカの持つさわやかな酸味と豊かな甘味を特
徴にしました。
モカは、現在、ホワイトキャメル・モカを使用しておりますが、2月5日
よりこちらの商品に変えさせていただきます。
香りも、ムニールの方が数段すぐれているので、モカファンには満足して
いただけると思います。
f0152158_8563626.jpg


f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg
[PR]
by sarasa-kan | 2016-02-03 08:57 | *スペシャルティコーヒー

バレンタイン・ブレンド

当店がバレンタイン用に特別にブレンドした「バレンタイン・ブレンド」
マンデリン・スマトラ・タイガーをベースに、中米のスペシャルティコー
ヒーで味を整えてみました。
まったりとした苦味の中に、中米の柑橘系のフレーバーが調和して、とて
も後味の良いブレンドに仕上がりました。
コーヒー好きな大切な方へのプレゼントに、チョコレートも添えて・・
尚、200g用のギフト箱もご用意しておりますので、どうぞご利用下さい
ませ。
f0152158_2072126.jpg


f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg
[PR]
by sarasa-kan | 2016-02-02 04:54 | *スペシャルティコーヒー

*新商品販売開始

*新商品販売開始。
本日、午後よりケニア タンバヤとコスタリカ ラ・リア ピエ・サンの2種
販売開始致します・。
どちらも。とてもフルーティーでやさしい飲み口のコーヒーです。
数量に限りがございますので、ぜひ一度ご賞味下さいませ。

f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg

※「食べログ」というサイトが当店に無許可で盗用掲載している情報、また、それにリ
ンクしているサイトの情報については、当店とは一切の関わりがございませんので、ご
承知おき下さいませ。

[PR]
by sarasa-kan | 2016-01-09 05:45 | *スペシャルティコーヒー

コスタリカ/ピエ・サン農園

スペシャルティコーヒーの世界をリードする国の一つ、コスタリカでは毎年のように新しい
生産処理(精選)が生まれ、常に進化と多様化が見られます。
そんなコスタリカから今回買い付けた新商品の一つは、「ダブルウォッシュ」という新しい
生産処理です。
f0152158_1435512.jpg

ダブルウォッシュでは、まず通常のウォッシュ(コスタリカでは、発酵槽は使わず、ミューシ
レージ・リムーバーという機械を使います)の工程で、パルピングし、ミューシレージを取り
除きます。
f0152158_14362530.jpg

通常は、この工程で出たウェットパーチメントを乾燥させるのですが、ダブルウォッシュで
は、このウェットパーチメントをさらに半日から一日、水に漬けます。
そうすることで、機械ではわずかに残ったミューシレージが自然発酵し、脱水とともに取り
除かれます。また、水に漬けることで雑味が抜け、クリーンカップの高い豆になるとも言わ
れています。
通常のウォッシュの工程にもう一段階水洗工程を入れるので、ダブルウォッシュと呼んでい
ます。
f0152158_14364853.jpg

フローラルな香り、ピンクグレープフルーツ、梨などの透明感のあるフルーツ感あり、ダブ
ルウォッシュらしい優れたクリーンカップの味わいでした。

f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg

※「食べログ」といういかがわしいサイトが当店に無許可で盗用掲載している情報、
また、それにリンクしているサイトの情報については、当店は一切の関わりがござい
ませんので、ご承知おき下さいませ。ページの削除を申し出てても、相手方は無視し
続け、あたかも、こういうグルメサイトの牽引者気取りです。ネット情報の怖さも感
じます。

[PR]
by sarasa-kan | 2016-01-05 05:24 | *スペシャルティコーヒー

ケニア タンバヤ

タンバヤ・ファクトリーは、中央州ニエリ県のアバーデア国立公園に近隣にファクトリー
を構えています。
f0152158_4372744.jpg

1982年に、ムルキア生産者組合の傘下にある小規模生産者のファクトリーとして設立
され、農民一人あたりの生産量は平均すると僅かに250本程度の小規模なファクトリー
です。
農園の最も特徴的なのは、その立地からくる生態系の豊かさです。農園のチェリーやを食
われることもしばしば。国立公園に面したエリアならではのバッファローやゾウ、アンテ
ロープなど、野生の動物たちと共存した環境です。
f0152158_438019.jpg

比較的雨量が少ないながらも、こうした生態系や自然の豊かさがタンバヤのコーヒーのク
オリティを支えています。彼らは、この土地のテロワールや生態系を活かすことで、イキ
イキとした質の高い酸とボディ感、そして類い稀なフルーティなフレーバーを生み出す事
がでると言います。
世界に誇れるトップファクトリーになる事を目標に、高い生産意識と環境への愛情を持っ
てコーヒーの生産に従事しています。
f0152158_4382430.jpg

ベイクドアップルやチェリーを思わせるフレーバーを感じました。また、エキゾチックな
フレーバーが複雑な印象を与えてくれます。

f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg
[PR]
by sarasa-kan | 2016-01-04 04:38 | *スペシャルティコーヒー

ブラジル・サンマリノ入荷

サンマリノの栽培は、セラード カルモ・ド・パラナイーバ地区の特に肥沃な土
壌と快適な気候を有する農場に限定されています。
f0152158_18133715.jpg

更に甘味を付ける為、完熟後もその実を摘み取らずに放置します。
僅かに残った完熟豆は収穫後最新鋭の工場で未熟豆や欠点豆が除去されます。
サンマリノ独特の甘味、香り、肥沃な火山土が醸し出す独特のまろやかなテイス
トをお楽しみ下さい。
f0152158_18135591.jpg


f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg

※「食べログ』というサイトが当店に無許可で盗用掲載している情報については、当店とは
一切の関わりがございませのでご承知おき下さいませ。

[PR]
by sarasa-kan | 2015-12-23 05:10 | *スペシャルティコーヒー

ニカラグア エンバシー農園入荷

エンバシー農園は、セルヒオ氏が特別なスペシャルティコーヒーを生み出すべく7年前
に購入した12Haほどの農園。消費国と生産国を繋げる架け橋となりたいという想いか
ら『Embassy(大使館)』と名付けられました。
f0152158_16282778.jpg

エンバシー農園が位置するのは、ニカラグア北部のMozonte(モソンテ)地区。崖と谷が
入り組んだ山岳地帯にあり、農園にたどり着くまでにはディピルトから車で約2時間半
かかります。標高も1500~1800mとニカラグアでも最も高い位置にあります。
今回のロットは、ダブルファーメンテーション&パルプドナチュラルというオリジナルの
生産処理が行われています。
f0152158_16285223.jpg

これは、収穫したチェリーをパティオで山型に積み、そのまま2.5~3日かけて自然酵素
反応をさせます。そして、パルパーにかけたあと、発酵槽にウェットパーチメントをため
水をためずに、3日ほど自然発酵を進めたあとに、オコタルにある彼のドライミルのアフ
リカンベッドで乾燥工程に至ります。
f0152158_16291990.jpg

チェリーとパーチメントの2段階で発酵させるため、Double Fermentationとセルヒオ氏
が呼ぶ、彼オリジナルの生産処理方法です。この独特な生産処理によって、従来のパルプ
ドナチュラルよりもフレーバーの強いコーヒーが生み出されます。
f0152158_16293716.jpg

フローラル、カシス、シナモン、カカオなどの複雑なフレーバーと立体的な味わいを感じま
した。

f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg
[PR]
by sarasa-kan | 2015-12-08 05:13 | *スペシャルティコーヒー