エルサルバドル シャングリラ農園

シャングリラ農園のオーナーであるファン・カルロス・グレッグ・メサ氏は、家族の伝統を重ん
じながらコーヒーを生産するニュージェネレイションの代表です。彼の家族は70年以上コーヒー
生産していますが、彼が24歳の時に、祖父から受け継いだ14ヘクタールの農園を契機にコーヒ
ー生産に没頭し、シャングリラ農園を購入するにいたりました。
f0152158_523210.jpg

品質に対する彼の熱意と情熱が、COEのコンペテションに挑戦を続けさせ、入賞の経験もありま
す。これは、美しいシャングリラ丘陵地帯に家を建てて住んでいる8人の労働者とその家族のお
陰でもあります。コーヒー農園はシェイドツリーに覆われ、多種の多様な野生動物や野鳥の住処
になっています。シャングリラ農園では、ファン・カルロスの品質に対するこだわりにより、チ
ェリーの熟度がピークのものだけピッキングして、生産処理が行われます。
f0152158_53516.jpg

もちろん、労働者とその家族の生活を向上させることも忘れてはいません。そうして、スタッフ
との二人三脚での努力の先には、彼が目指す景色があるはずだと信念を持ってコーヒー生産に従
事します。それは自分のコーヒーが、エルサルバドルを代表する最高のコーヒーとして、世界のコ
ーヒーショップに並び、消費者に愛飲させること。COEウィナーとして一歩ずつ夢に近づきながら
その日を待ち望んでいます。
f0152158_533076.jpg

アフターテイストにオレンジビールのような心地よいビター感を感じました。

f0152158_15311329.jpg


f0152158_429843.jpg
by sarasa-kan | 2017-03-08 05:05 | *スペシャルティコーヒー