ニカラグア エンバシー農園入荷

エンバシー農園は、セルヒオ氏が特別なスペシャルティコーヒーを生み出すべく7年前
に購入した12Haほどの農園。消費国と生産国を繋げる架け橋となりたいという想いか
ら『Embassy(大使館)』と名付けられました。
f0152158_16282778.jpg

エンバシー農園が位置するのは、ニカラグア北部のMozonte(モソンテ)地区。崖と谷が
入り組んだ山岳地帯にあり、農園にたどり着くまでにはディピルトから車で約2時間半
かかります。標高も1500~1800mとニカラグアでも最も高い位置にあります。
今回のロットは、ダブルファーメンテーション&パルプドナチュラルというオリジナルの
生産処理が行われています。
f0152158_16285223.jpg

これは、収穫したチェリーをパティオで山型に積み、そのまま2.5~3日かけて自然酵素
反応をさせます。そして、パルパーにかけたあと、発酵槽にウェットパーチメントをため
水をためずに、3日ほど自然発酵を進めたあとに、オコタルにある彼のドライミルのアフ
リカンベッドで乾燥工程に至ります。
f0152158_16291990.jpg

チェリーとパーチメントの2段階で発酵させるため、Double Fermentationとセルヒオ氏
が呼ぶ、彼オリジナルの生産処理方法です。この独特な生産処理によって、従来のパルプ
ドナチュラルよりもフレーバーの強いコーヒーが生み出されます。
f0152158_16293716.jpg

フローラル、カシス、シナモン、カカオなどの複雑なフレーバーと立体的な味わいを感じま
した。

f0152158_15311329.jpg

f0152158_16105792.jpg
[PR]
by sarasa-kan | 2015-12-08 05:13 | *スペシャルティコーヒー