沙羅茶館■sarasakan

sarasakan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 04月 23日

ファゼンダ カクェンジ ナショナルウィナー2013

ブラジルのナショナルウィナー2013ロット、カクェンジが少量ですが
入荷しました。
f0152158_14492851.jpg

1811年にポルトガルからの初代移民がこの地に入植し約9,000Haの土
地を取得し農業を開始、現在は7代目 Josef Wagner Junqueira,8代目
Ralph Junqueiraとかれの兄弟により経営されています。元々はSarra d
as Tres Barrasの一部だったKaquend。
標高は1,100-1500mの丘陵地帯に農園が広がっています。
COEを初めとして数多くの賞を受賞した同農園。2006年、リリー・コー
ヒー品質コンクールの最 終候補に上り、2007年にはミナス州農業技術
振興公社EMATERによりミナス・ジェライス州最良のコーヒーと評価さ
れました。
f0152158_14502496.jpg

2008年カップオブエクセレンスでは、最高スコアである93.65点を獲得し
第1位となったコーヒー豆を生み出した農園でもあります。
ジュンケイラファミリーは栽培当初より、品種の多様性と品質に投資を行
い向上心に溢れ生産を 行っています。そしてこの地の穏やかな気候と肥
沃な土壌、水資源にも恵まれた最高のマイクロクライメットから、良質の
トップスペシャルティコーヒーを生み出しています。また特記すべき点と
してブラジルには珍しくコーヒーの摘み取りはハンドピックで行っており
その後生産処理工程も平地と棚状(サスペンデット・パティオ)の場所で乾
燥されます。コーヒーはサイロで60日~90日間れスティングを行った後
等級に選別されて販売へ向けられます。
f0152158_14512617.jpg

今回のKaquendは、COE Early Harvest 2013に出品されたスペシャルロ
ットです。惜しくもCOE 受賞はならずナショナルウィナーとしての販売
となりました。
f0152158_1452020.jpg

カップをした感想としては、黒糖のような上品な甘さ、明るくオレンジの
ようなアシディティ、青リンゴやグリーンティのようなフレーバー。クラ
スト時のカラメルのようなフレーバーも素晴らしかったです。さすが審査
会用のロットだと感じます。 


*カフェの本日のケーキは
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
*チーズケーキ

by sarasa-kan | 2014-04-23 16:03 | *オークション受賞豆


<< ボリビア/レアンドラ・アングロ入荷      営業時間変更のお知らせ >>