タンザニア モンデュール入荷

この農園は1931年、イタリア人のCONT DAVICO氏によって開拓されました
f0152158_17381010.jpg

1922年同氏が22歳の時、兄が新婚旅行中にウガンダで亡くなったことで東ア
フリカを訪れた際、アフリカに魅せられアフリカ開発会社に就職。その後フ
ァミリーの援助を受けて、この地を購入しましたが、第二次世界大戦後にタ
ンザニアは社会主義化の波にのまれ、用地を接収されてしまいます。1952年
に返還を受け、氏は再開拓途中の1983年に亡くなりましたが、息子兄弟のC
ORRADO DAVICO氏とRUGGERO DAVICO氏が「特別なコーヒーを飲みたい
人に供することができる良質なコーヒーを作る」という父親の遺志を継いで同
農園を経営してきました。現在は、Burka Estate Ltdに農園経営をゆだねてお
ります。
f0152158_17383978.jpg

f0152158_1739455.jpg

コーヒー生産に理想的な海抜1650~1840m、火山灰層だがMONDUL山麓の森
林の恵みとも言える腐葉土と地下水の恩恵を受け、シェードツリーの作る日陰
でティピカ種とブルボンの配合種のケント種が栽培されています。イタリア人
ならではの近代的な生産手法、品種の限定、剪定のサイクル化(農園には植木職
人が常駐しており、カットバック1年未満、1年後、2~3年後、翌年カットバッ
ク予定の4グループに分けて収穫サイクルを設定)など、長年の努力の結果、19
99年見事タンザニアコーヒー協会のコンクールで金賞を受賞しました。
f0152158_1740840.jpg

本物のキリマンジャロコーヒーの素晴らしさ美味しさを実感できるモンデュール
コーヒー。農園創業者の遺志から長年「特別なコーヒーを飲みたい人へ」のマイ
ンドは伝承され、レッドフルーツ系の芳醇な風味をもらたします。今年も輝く山
の意、本物のキリマンジャロコーヒーが届けられました。

*カフェの本日のケーキは
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
*チーズケーキ
by sarasa-kan | 2013-09-16 04:30 | *スペシャルティコーヒー