沙羅茶館■sarasakan

sarasakan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 07月 26日

コーノ式とハリオの円錐方式の違いは・・・

昔から、当店ではコーノのペーパードリップでコーヒーを抽出し
ておりました。
コーノー式のドリッパーは、できるだけ布ドリップに近い味を出
そうと考えられて生まれたドリッパーです。
f0152158_17244835.jpg

ご覧の様に、リブが半分から下に12本延びています。
このリブの高さと長さがお湯の落下速度に微妙に影響してきます。
そして上部にリブを無くしてることで、お湯の流れを中心部に集め
させ、美味しい香味成分を満遍なく抽出させる役割を担わせている
そうです。
一方の、ハリオの円錐ドリッパーは、渦巻きの流れに似せたリブを
付けて、お湯を中心部に集める工夫をしています。
またリブを内部全体に伸ばしてることで、ペーパーとドリッパーの
間に隙間を作り、蒸らし時の空気を逃し、ネル同様に粉の膨らみを
制限なくさせる狙いが見受けられます。
f0152158_17291272.jpg

当店では、いちおうどちらの円錐ドリッパーも用意してありますが
味の違いは?と聞かれると返答に少し困ってしまいます。
私も、コーノとハリオを豆の種類や、抽出する杯数によって使い分
けているのですが、個人的な感想を言えば、ハリオのドリッパーの
方が、雑味の無い、私好みの味に仕上げられ、特に、スペシャルテ
ィコーヒーには、ハリオの円錐の方が向いている様にも思います。

ドリッパーにしても消耗品のペーパーにしても、ハリオの方が充実
していて、価格が安いのも魅力です。

機会がありましたら、ぜひ一度円錐のドリッパーも試してみてくだ
さい。

*カフェの本日のケーキは
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
*チーズケーキ

by sarasa-kan | 2013-07-26 04:30 | コーヒー・紅茶道具


<< その他のオークション豆情報      そのうち買います・・・ >>