2013年 07月 01日

コスタリカ/プエンテ・レッドハニー

今まで取り扱っていたコスタリカのロスアンヘレス・エストレージャ
完売しました。ありがとうございます040.gif

今月からしばらくは、コスタリカはプエンテ・レッドハニーを販売しま
す。
f0152158_80634.jpg

コスタリカのスペシャルティコーヒー生産地として世界的に有名なタラ
ス。
そのタラス‐サンタクルス地区にハニーコーヒーのスペシャリスト‘プエ
ンテ・タラス ミル’があります。
f0152158_803075.jpg

この地区は年間を通して冷涼な気候に恵まれており、ミューシレージ(粘
液質)を残したまま乾燥させるハニー・プロセスに適した環境にあります
今回ラ・ペーニャ農園の完熟したチェリーのみ厳選し、特別にレッドハ
ニーに仕上げられたコーヒーです。
f0152158_82166.jpg

このコーヒーは糖分を最大限含んだ完熟チェリーを収穫・精製する為、
果肉自体がとても甘く‘ハチミツ’を彷彿とさせます。完熟チェリーの
甘さを活かす為、脱果肉後ミューシレージを一切除去しない‘レッドハ
ニー’を特別指定しています。

ハニーコーヒーについては以前にも書きましたが、再度説明致しますね
<ハニーコーヒーとは?>
「ハニーコーヒー仕立て」では収穫されたコーヒーチェリーをパルパー
で果肉除去した後、醗酵行程をおかずミューシレージ(粘液質)が残った
ままの状態で乾燥行程に入ります。この方法によってミューシレージの
甘味が豆に移り、通常のウォッシュドコーヒーでは得られにくいハチミ
ツを思わせる独特の香りやボディをもったコーヒーが得られます。
この方法では、果肉除去の行程で過熟豆や未熟豆を取り除くことが出来
るというメリットもあります。
一方でミューシレージがついたままの乾燥方法は難しいと言われていま
すが、小規模なミルである利点を活かしアフリカン・ベッドを使っての
天日乾燥も熟練した丁寧な作業がすみずみまで行き届きます。
クリーンカップのなかにハニーコーヒーならではの甘みとフレーバーが
楽しめるコーヒーに仕上がっています。
f0152158_821650.jpg
 
最近では、中米ではコスタリカの豆にいい物がずいぶん多くなっている
気がします。
f0152158_1625710.jpg

シティローストで仕上げてみましたが、まったりとした甘味があり、ま
ったく雑味の無いクリーンなカップでした。さすが、トップスペシャル
ティのコーヒーです。


*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ

by sarasa-kan | 2013-07-01 04:30 | *スペシャルティコーヒー


<< 外が気持ちいい・・・      ジャンピング・ティーサーバー >>