ニカラグア/ラ・プロヴィデンシア農園

美味しいニカラグアのコーヒーを捜していました。
今回、少量ですが、ニカラグア・ナショナルウィナー2012のラ・
プロヴィデンシア農園を手にいれました。
f0152158_12353039.jpg

農園主のアントニオ氏は同農園を父より譲り受けました。運営当初
は高品質なコーヒーを生産する技術的レベルに達しておらず、年月
を掛けて改善を行ってきました。品種もブルボンから、マラカトゥ
ーラとカトゥーラに抜本的な植え替えを行いました。プロヴィデン
シア農園の土壌に適応した品種を模索した結果で、これにより、ヘ
クタールあたりの生産量も飛躍的にあげることに成功しました。
f0152158_12345617.jpg

収穫は品種ごとに完熟した赤い実だけを摘み取ります。熟度の悪い
実はピッキングの段階で選別されます。収穫はすべて家族の手作業
で行われます。手摘みされたチェリーは果肉除去の後10~12時
間発酵槽におきます。
その後、水洗比重選別により、乾燥工程に入ります。その時にさら
に残っている欠点豆を除去します。
これはアントニオ氏の子供たちが担っています。
f0152158_12341838.jpg

乾燥が終わりましたら、コーヒーはオコタルにある「ラスセゴビア
ス」のドライミルに運ばれ、厳格な品質最終チェックの後輸出され
ます。
そして、2012年の国内審査会において、彼らのコーヒーが認め
られ、COE国際審査会にエントリーし、見事ナショナルウィナーを
受賞しました。残念ながらCOEは逃したものの、その明るく素晴ら
しい酸質はナショナルウィナーの中でも目を見張るものがありまし
た。
f0152158_1233255.jpg

柑橘系のフレーバーと酸味と甘みがバランスよく、クリーンカップ
と甘さがしっかりとあります。
区分は「スペシャルティコーヒー」にしていますが、限りなくCOE
に近い確かな品質のコーヒーです。

*この豆は限定品の為、無くなり次第終売となります・・・

*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*アップルパイ
[PR]
by sarasa-kan | 2013-06-15 04:30 | *スペシャルティコーヒー