沙羅茶館■sarasakan

sarasakan.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 05月 16日

ボリビア/コパカバーナ農園 ・ ハニー

ボリビアのコーヒーを焙煎するのは、何年振りになるでしょうか。
その当時は、今の様なスペシャルティコーヒーの時代では無く、ただの珍
しさから購入したものですから、印象もあまりいいものではなかった記憶
があります。

今回は、素晴らしいスペシャルティコーヒー、それもハニープロセスで作
られた上物が手に入りました。
f0152158_1113358.jpg

コパカバーナとは先住民族アイマラ族の言葉で「宝石の展望台、湖の眺
め」を意味する“コタ・カウアーナ”から由来しています。
標高約3800mに あるチチカカ湖畔の町、コパカバーナ周辺は山に囲ま
れ、名前の由来通り湖を一望することができ、湖に沈む夕日が非常に美
しい事で知られています。
f0152158_10402543.jpg

山々はインカ時代に作られた段々畑で覆われ、今も昔もその姿は変わりま
せん。コパカバーナ農園は町の中心部より北東へ300キロに位置し、ア
イマラ族の言葉通り眺めの良いセロ・コンドリーリ(コンドリーリの丘)
で栽培されています。
チチカカ湖よりもたらされる適度な湿度と穏やかな気温がコパカバーナ農
園の適度な酸味とコク、甘い香りを持つコーヒーを作り上げています。
f0152158_10423548.jpg

また、コパカバーナ農園で作られるコーヒーは、バイオ・ラティーナ有機
認証も受けている有機コーヒーです。

<ハニーコーヒーとは>
f0152158_1045226.jpg

収穫されたコーヒーチェリーをパルパーで果肉除去した後、醗酵行程をお
かずミューシレージ(粘液質)が残ったままの状態で乾燥行程に入ります。
この方法によってミューシレージの甘味が豆に移り、通常のウォッシュド
コーヒーでは得られにくいハチミツを思わせる独特の香りやボディをもっ
たコーヒーが得られます。
f0152158_1215827.jpg

ローストは通常のスペシャルティよりも、深い煎り具合に仕上げました。
ハニーコーヒー特有のまったりとすた甘味が心地良く感じられました。
エスプレッソでもカッピングしてみましたが、香りも高く、十分にコクも
あり、そして、後味がとてもやさしい仕上がりに満足です。

*カフェの本日のケーキは

*チーズケーキ
*チョコレートケーキ
*特製フロマージュ

by sarasa-kan | 2013-05-16 04:30 | *スペシャルティコーヒー


<< シャローン農園のマルコス宮木氏      沙羅茶館のエスプレッソメニュー... >>