タンザニア・ リビングストニア茶園

タンザニアはケニア・マラウィ・ウガンダに次ぐアフリカで4番目
の紅茶生産国で、3万トン以上の紅茶が作られています。(日本の
お茶の生産量の約3分の1)
タンザニアの紅茶栽培の歴史も100年以上ありますが、殆どの茶園
では農薬を使っていません。使うほど深刻な病害虫が無いためです
隣のケニアでは自然の雨でお茶を栽培していますがタンザニアの多
くの茶園では灌漑をしています。
f0152158_15404426.jpg

生産コストは一見高そうですが、灌漑によって安定した生産量が保
証できるためだそうです。

タンザニアの独立後は社会主義国家として公社経営でお茶が作られ
ましたが現在は民営化され、元の外国資本に戻されています。

リビングストニア茶園は、タンザニア南部、マラウィ湖の近くにあ
あります。
マラウィ湖やビクトリア湖などを発見したイギリスの探検家リビン
グストン(Livingstone)にちなんで名づけられた茶園です。

茶樹の若々しさ、軽いボディー、明るい水色はストレートティーで
も美味しくお召し上がりいただけます。
f0152158_15422121.jpg


当店では、現在、ケニア、マラウィ、ウガンダと3種類のアフリカ
茶を販売しておりますが、置いた当初は、まだアフリカ茶の認知度
が低く苦戦していましたが、カフェでも飲める様になってからは、
徐々に、その美味しさを分かっていただいて、今は、結構リピート
率も高くなってきています。

アフリカの紅茶をまだ飲んだ事が無いお客様にも、今度のタンザニ
ア茶は飲みやすいのでオススメです。ぜひご賞味下さい。

*カフェの本日のケーキは

*スイス風くるみのトルテ(生クリーム添え)
*チーズケーキ
*特製アップルパイ
*ザッハトルテ(チョコレートケーキ)
[PR]
by sarasa-kan | 2013-04-02 04:30 | 美味しい紅茶