コロンビア/フロール・デル・ウイラ入荷

”フロール”は花という意味もありますが、平和への希望とか、こ
のコーヒーが世界最一となりますようにという希望の意味も込め
られています。
f0152158_1237266.jpg

               *ピタリートの風景

農園主のラミレス氏は、コロンビア南部のウィラ県ピタリートと
いう片田舎の町の農家の子として生まれました。しかし、ラミレ
ス氏の住んでいた田舎町にも内戦の色が濃くなって来た為、家族
は、ピタリートを去り都市部に移る事になりました。
その後、ラミレス氏はようやく自分達の畑があるピタリートの町
に戻る事が出来たのは2007年でした。そしてラミレス氏はこ
こでコーヒーの栽培を始めました。彼と同じようにコーヒーの栽
培を始めた農家も何軒かあり、皆それぞれ色々な支援を受けてい
ます。これは以前、家計を支えるために植えていたコカインに逆
戻りしないよう農民を支援するプログラムです。
その後農民の努力によって、ここにフロール・デル・ウィラのよう
なスペシャルティ・グレードのコーヒーが栽培されるようになり
ました。
f0152158_1242324.jpg

            *農園主:エフレイン・ラミレス氏
f0152158_12431480.jpg

            *コーヒーをホシダナで乾燥       

現在では、コロンビアでも有数のコーヒーの産地となり、中には、
カップ・オブ・エクセレンスに入賞するまでになった農園もあります
これはコーヒーの栽培に非常に適した環境、気候、また自分達で栽
培したコーヒーを自分達で収穫し自分達で精製する農民の努力の賜
物でもあります。ピタリートの各農園では収穫時期になるとそれぞ
れの農園に手伝いに出るなどお互いに協力し合っています。
f0152158_12451931.jpg

尚、今回入荷したフロール・デル・ウィラは、RA認証を受けており、
環境にもやさしい農園づくりに取り組んでいます。
焙煎度合いは、少し深煎りに仕上げましたが、名前のごとく花の様
なフレーバーが特徴で、飲み口もさわやかです。冷めても雑味がま
ったくないクリーンカップのコーヒーです。
f0152158_12472331.jpg

[PR]
by sarasa-kan | 2012-11-10 05:00 | *スペシャルティコーヒー