コスタリカ・イザベル入荷しました

カジェ・デ・コペイ農園は、ドタタラスから5kmの地域の大きな
2つの山脈の山間にあり、透き通った水が流れる川の下流に位置し
ています。この川の近くには、山道を登るように地元道が敷かれて
いることから、この地域全般を“カジェ・デ・コペイ”(コペイ道)
と呼ばれています。
この道脇で地域の人たちはコーヒーの木を栽培し毎年収穫をしてい
ます。この1800mの丘にホルヘさんと彼の娘イザベル・ウレナ
がもつマイクロロット“カジェ・デ・コペイ”があります。
f0152158_13305249.jpg

                イザベル夫婦

このコーヒーはビラロボス品種でブルボンの突然変異品種です。
コスタリカのスペシャルティ産地の中でも最高の地域に数えられる
タラスという地域で、コーヒー業界の中では知る人ぞ知るスペシャ
ルティーコーヒーの有名な産地です。
この地域の特徴は年に1度の収穫時期に雨がとても少ないというこ
とです。その為、コーヒーにダメージが出ることがほとんどありま
せん。またこの地域のコーヒーには、非常に甘みがあるというファ
ンの声も少なくありません。
この農園は手つかずの美しい自然の中に囲まれた谷と山の間に位置
し、日中と夜の寒暖の差があり、この温度差が程よい酸味を生み出
します。
f0152158_13322889.jpg

                   収穫風景

2009年にはカップオブエクセレンス3位に入賞した農園ですが
数名で経営しており、その時の生産者は別名で出品しております。
f0152158_13385937.jpg


(農園データー)
*商品名   イザベル
*農園名   カジェ・デ・コペイ農園
*生産者   ウレニャ・ファミリー
*標高    1800m
*収穫地   ドタ・タラス
*収穫時期  2012年2月
*精製方法  フルウォシュド
*収穫方法  手摘み収穫

試飲した感想としては、完熟フルーツの甘さと、嫌みの無い軽い酸
味が感じられ、全体的なバランスが、とてもとれたコーヒーとの印
象を持ちました。何杯もおかわりしたくなるコーヒーに仕上がって
います。  
by sarasa-kan | 2012-10-13 05:00 | *スペシャルティコーヒー