2012年 09月 26日

2012年ブルボン・クラシコ一番摘みを焙煎しました

新しく入荷した豆を焙煎する時は、やはりかなり緊張する
ものです。
ブルボン・クラシコの場合もやはりそうでした。いかに、
この豆の美味しさを引き出したら良いか、かなり悩みまし
たが、結果的には、少し深めのローストを選択しました。

焙煎後の自分なりの感想としては、その選択は間違いなか
ったと思いました。
この豆は、アマレーロと言って、赤実ではなく、黄色い実
をしたコーヒーで、甘味も強く出る特徴を持っています。
だから、あえてその特徴を出そうとした判断の上での選択
でしたので・・・
f0152158_13251735.jpg


カッピングの結果は、素晴らしいの一言です。
花の様な、また、蜂蜜の様な香り、口に含むと、キャラメ
ルやキャンディーのニュアンスも感じられ、冷めて来ると
甘いシロップの風味が出てきます。何とも表現がうまくで
きませんが、最高です!
f0152158_13255528.jpg


ニュークロップは、お米に例えるなら、新米と同じです。
私のコーヒづくりのスタンスは、あくまでも、新しさ(新
鮮さ)です。これからも、ニュークロップにこだわって、
豆を仕入れして行こうと考えています。

by sarasa-kan | 2012-09-26 05:30 | *スペシャルティコーヒー


<< ウガンダの紅茶・Kayonza...      一番摘み・ブルボン・クラシコが... >>