2012年 09月 21日

タンザニア・スノートップを焙煎しました

タンザニアのキリマンジャロ・スノートップを焙煎しました。
以前販売していた、キボと比べると、豆の粒も大きくて、揃っ
ています。
コーヒーの栽培地は、標高1300m〜1800mのアルーシ
ャ地区で、火山性土壌です。

この豆を生産している農園は、隣接するブルカ農園とセリアン
農園で、その中から選び抜かれた、まさに、トップグレードの
スペシャルティコーヒーだけに、スノートップという名称が付
けられ出荷されます。

品種はケント種と言って、インドから持ち込まれた品種で、サ
ビ病に強いということから、一部の地域で栽培されていて、高
いカップクオリティーを持っている品種です。
f0152158_14143475.jpg

焙煎後飲んだ印象としては、明るく爽やかな飲み口で、適度な
ボディーもあり、豊かな酸味もまったく嫌みがありません。キ
リマンファンには絶対納得していただける商品です。

f0152158_133687.jpg

カフェメニューのスコーンですが、4種類の中では、クルミの
スコーンが人気で良く出ます。昨日の朝、少し多めに焼きまし
た。ぜひ、コーヒー・紅茶と一緒にご賞味下さいませ。お待ち
しています。
*参考までに、セットメニュー価格ですが
      ●コーヒー&スコーン        ¥800
      ●紅茶(ポットサービス)&スコーン ¥900
       よろしくお願い致します040.gif

by sarasa-kan | 2012-09-21 05:30 | *スペシャルティコーヒー


<< ジャカの木のひかりに癒される      裏庭の整備が終わりました >>