私のささやかな贅沢・二階のカフェの現在

現在、沙羅茶館の営業は、一階にすべてまとめ、コーヒー豆の
販売と、狭いですが、カフェもきちんと営業できる形態になっ
ています。
古いお客様からは、よく、二階はどうなったの・・とのお問い
合わせがありますが、二階は現在は営業していません・・

格好つけて言えば、長い沙羅茶館の歴史の姿を、そのまま残し
た、言わば、個人的な趣味の空間になっています。

スウエーデンのハンドール社の薪ストーブがあり、カンディハ
ウス(昔はインテリアセンター)と言う会社のデザイナー物の
座り心地は、決して良くはないのですが、デザインが気にいっ
て購入した、椅子も何脚かあり、そんなのに座り、高いドーム
の空間の下に身を置くと、とても落ち着きます。私のささやか
な贅沢です。

何せ、30年以上もこの空間で商売していたのですから、もう
二階のスペースは、開放してやってもいいのだとも思っていま
す。

古くからのお客様の中には、二階のドームのある開放的な空間
が好きで、遠くからでも、わざわざ来ていただいた方も、多く
いらっしゃいます。そんなお客様にはたいへん申し訳なく思っ
ています。スミマセン。

しかしながら、そんな私の我がままもどうぞご理解下さい。

そのうち、二人の娘の中の誰かが、もう一度カフェでもやりた
いと言い出すのがいるかもしれませんが・・・それまでは、私
と家内の一番落ち着ける空間として、毎日、掃除だけは欠かさ
ずにし、昔の姿をそのまま残しておきたいと考えています。

*参考迄に、現在の二階がどうなっているか、写真を何枚か載
せておきますね・・・
f0152158_17594582.jpg

f0152158_1801624.jpg

f0152158_1812082.jpg

f0152158_1825763.jpg

f0152158_183625.jpg

f0152158_1823771.jpg


*昨日、ブラジルのカップ・オブ・エクセレンス受賞豆、シッ
チオ・ベラ・ビスタが完売しました。皆様ありがとうございま
した。
by sarasa-kan | 2012-09-10 05:30 | 沙羅茶館の歴史